teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ブレードランナー2049

 投稿者:神無月仏滅  投稿日:2017年11月21日(火)02時45分5秒
  では、僕からも一つ。
ブレードランナー2049 をそれはそれは楽しみにして、前作を改めて観た上、原作「アンドロ羊」も読み返しました。
万全の体勢で、いざ劇場へ足を運んだ僕ですが、途中で心の悲鳴を上げました。
「この映画、いつ終わるの!?」
なにせ2時間40分ですよ。2001年や「アラビアのロレンス」みたいに、休憩が入っていい長さ。

いえ、随所に素晴らしいシーンがあるのです。でも、そこに至るまでが長い長い長い。
むしろ、テレビ東京「午後のロードショー」で、ズタズタに短縮した方が面白くなる気がします。
 
 

なんとー!

 投稿者:山本●嗣  投稿日:2017年11月21日(火)02時15分17秒
  >gejigejiさま
 なんとそんなことが!
 髑髏島のほうは妻とロードショーに行きました(大変楽しかったです)がグレートウォールは未見です。見るのが楽しみです。
 情報ありがとうございました♪
 しかしゴーストは・・・ぱっとした評判聞きませんねえ。未見ですが残念です。吹き替えはいつもの方々というところは楽しみなのですが・・・
 

女性について

 投稿者:gejigeji  投稿日:2017年11月20日(月)23時29分39秒
  なんか凄い題名になっていますが、実は最近何作か映画館で見ていなかった映画のDVDを買って連続して観ました。
「ゴースト イン ザ シェル」「メッセージ」「ハードコア」「グレート ウォール」などです。
「メッセージ」は公開時に映画館で観たのですが、素晴らしかったので買って二度目楽しみました。
「ゴースト イン ザ シェル」は日本のアニメ作品の変な形でのリメイクと言った感じであまり楽しめませんでした。
「ハードコア」はロシアのSF映画で全編主人公視点で話が進んで行くというもので自分が主人公になったような気になれます。初めて見る映像ということで面白かったです。
さて題名に書いた女性が登場するのが最後の「グレート ウォール」です。簡単にあらすじを書くと、マット デイモンが中国に伝わる黒色火薬を求めて中国へやってくるのですが、山賊に襲われ、なんとか辿り着いたのが、万里の長城つまりグレート ウォールだったのです。しかし、そこは何やら兵士が一杯いてピリピリとした空気が漂っています。というのも60年に一回やってくるという怪物が現れそうになっていたからです。マット デイモンたちは守備隊の人たちと一緒になって怪物と戦うというお話です。中国資本で作ったハリウッド映画という感じで、興行的には大ヒットとはいかなかったようですが、普通に楽しめました。この中で出てくるのが守備隊の女隊長でジン テイエンという女優さんで実にキリッとしていて怪物と戦うカッコいい女なのです。
そこで、他にどんな作品に出ているのか調べたら、すぐ最近観た映画にも出演していたことがわかりました。
それが「キングコング 髑髏島の巨神」だったのですが、いくら思い出そうとしても中々思い出せない、こんな中国人の女性出てたっけ?と思っていました。しかし、DVDを見返そうとして思い出しました。髑髏島に派遣された研究者の一人だったのです。そんな役柄だったのでメイクも控えめ、役もちょい役のちょっと上程度の脇役でさえない感じだったのです。ところが、グレート ウォールでは美女なんですよ。女性は化けるって言いますが、こんなにメイク一つで感じが変わるものなんだとびっくりした次第です。
 

皆様お久しぶりです

 投稿者:山本●嗣  投稿日:2017年10月31日(火)14時36分11秒
  >米津さま
 今のところ予定はありません。

>神無月さま
 小沢先生はTwitterもやっておられるようですね。
 お元気そうでなによりです。

>牛丸さま
 大変興味深いお話ありがとうございます。
 有名な中国武術の老師が昔、女性は武術に向かないという意味のことを言われたと聞きます。男尊女卑的な意味ではなく、一般論として何か違いがあるのだろうと思いました。無論一般論であって、女性の達人も存在しますから、一般論はあくまで一般論なのかもですが。

>gejigejiさま
 メタルマックス・ゼノ、御口に合いましたなら幸甚です。
 21世紀はひたひたとおしよせているのでしょうね。

 ありがとうございました。
 

お久しぶりです。

 投稿者:gejigeji  投稿日:2017年10月31日(火)02時30分52秒
  Twitterの方はいつも読ませていただいているのですが、書き込むことがあまりなくてこちらから足が遠のいておりました。
今回メタルマックスの新作が発売になると聞きました。
今までのシリーズは対応しているゲーム機を持っていなかったりしてできなかったので、面白いとい噂と漫画化されたものだけで世界観などを想像していました。
今回はPS4に対応ということで、私も持っているので発売が待ち遠しいです。
ついでに、PSVRも持っていてVR対応のゲームもすこしはするのですが、体調が悪かったりゲーム中のちょっとした動きでVR酔いになることがあるので、注意しながら使っています。
中には今までに味わったことがない迫力ある体験もできるので、昔見た「ブレインストーム」の世界が近づいてきているように思っています。
 

失礼しました

 投稿者:米津信二  投稿日:2017年10月26日(木)17時51分10秒
   米津信二です。

 失礼しました。言葉が足りませんでした。まず過去顰蹙を買ったことをお詫びするべきでした。

 過去を反省して今後は山本先生や他の参加者の方々に不快感を与えません。掲示板の私物化なども致しません。空気を読みます。
 

米津さまへ

 投稿者:神無月仏滅  投稿日:2017年10月26日(木)00時40分59秒
編集済
  > 米津さまへ

何食わぬ顔で、何も無かったかのように、この場に再登場いたしましたね。
この場の主宰者である山本先生の心証を過去に米津さまは害したのです。
一言あってしかるべきじゃないでしょうか?

例えば「先日はすみませんでした」とか、
「次回のクラウドファンディングには少しでも協力させて頂きます」とか。

時間が経過したら、キズが癒えるワケじゃないと思います。
「ほとぼりが冷めたかな? そろそろ女武道家の質問を再開しようかな?
あ、牛丸さまが回答してくれたから、もう大丈夫だな」じゃないと思うのです。

どうか、ひとこと誠意あるお言葉をお願いいたします。
 

丁寧な説明ありがとうございます

 投稿者:米津信二  投稿日:2017年10月25日(水)18時34分39秒
  >牛丸様

 すばやいレスポンスありがとうございます。細身で巨乳の女性が三倍の体重の男の武道家に勝つことは可能だが、女性がそれを可能にする技術をマスターできるまで努力する気骨があるかが問題ですか。女性の男性は脳の構造や仕組みが違う。たしかにこれは大脳生理学や進化論でも言われてますね。原人時代男は主に狩猟を行っていたが、女は子育てや採取を行っていたことに起因するそうです。
 実は私は最近とびっきりの女性武道家本を見つけました。朝霧華刃氏と神橘美伽氏( カッコよすぎる名前なのでたぶんペンネームでしょう)の、 護身武道空手概論―女性のための武道への招待―です。朝霧氏と神橘氏は女性の身で一生を武道に、それも死が隣り合わせの本物の武道に捧げる覚悟です。彼女達なら強くなれるならやるでしょう。
 ところで”巨乳”て戦いには本当に邪魔ですね。それだけでバランスは崩れるし、体捌きも悪くなります。

>ただ貯金にアクセスしただけ
>武術の門派には『歴史』があるよね?、それも『過去から積み重ねたもの』だからアクセスして使う事が出来る。
自分の欲、相手に何かしてやろうと言う欲が無ければ、『武術が自分の身体を使って

 それってドラゴンボール超の”身勝手の極意”ですか?

 https://dic.pixiv.net/a/%E8%BA%AB%E5%8B%9D%E6%89%8B%E3%81%AE%E6%A5%B5%E6%84%8F

 宇宙そのものを破壊できる(笑)破壊神でも容易に習得できない。
 

始まりの経験

 投稿者:牛丸  投稿日:2017年10月24日(火)16時50分37秒
  >米津様

う~ん‥‥‥どうしましょうか。
これを言うと、師匠から大目玉を喰らう可能性があるんですが。

師匠が、不思議に見える技を使える様になったきっかけと言うのが有りまして。

ある技を女性の生徒に教えて、
師匠が教えながら受けを取った時に、
試しに本気で抵抗したら、
それでも負けてしまった事があり、

非常に驚いて、
会の中で一番の怪力を持つ 人に試して貰ったら、
その人でも本気で抵抗して負けてしまった。

「一体何が起こっているんだ!?」

この時、女性はこの事に全く気づいていなかった。
下手に何か言うと、彼女は意識してしまい、この謎の現象が出来なくなる可能性があり、

彼女を騙し(?)ながら、
練習させていると思わせながら何度もその技を掛けて貰い、
師匠の得意とする『技盗み』で、
それを会得したそうです。

その後、彼女の方はもうその現象が起きなくなったそうです。
しかし、師匠は技盗みが出来た後で、原理を研究して他人にも教える事か出来るようになった。

それが師匠にとってのある意味、
『全ての始まり』
であり、その後ドミノ倒しの様に色々な技の原理が解って行くようになったそうです。

だから、師匠に言わせれば、
女性が大きな男性に勝つ事は、
『経験上可能なはず』

ということです。
(というか、以前その命題に、小さな男性が自分の三倍もある巨漢と闘うのと理屈上同じ、と言った師匠の意見をこの掲示板に書いた事があります。上述した話を私は知っていた上で書いたのですが、やっぱりこの話をあらかじめ書いて置かないと伝わらなかったんだろうと思いました)

ただ、
女性が使えるその段階まで練習するかどうかは分からない。
男性と女性とは、『芸事・芸術』を理解、体得するための脳の構造が全然違う。

女性は会得させる事のハードルが低くいが持続させる事のハードルが高い。

男性は会得させる事のハードルが高いが持続させる事のハードルが低い。

例えば、生徒の前で、
師匠が発勁を目の前で見せて、
「見たまま何となくでいいからやってみろ」
と言われ。
我々男連中がマネしてみると、
「全く違う」
と言われ、
女性の生徒がやると、一発で、
「出来てる」
と言われたりします。

しかし、翌日には女性の生徒は、もう全く出来なくなっており、脳がもう忘れている。

男の生徒は、徹底して練習し、色々と教えて貰って、
やっと出来るようになるが、
覚えると、忘れない、

という様なことが何度も有ります。

女性が、完全に覚えて、
実戦で使えるまで練習する根性があるか?、
その才能・及びやる気がある人間は、
最初から別の畑に行ってしまうきがします。


 

ヤマトワンダー

 投稿者:神無月仏滅  投稿日:2017年10月24日(火)00時58分19秒
  僕、宇宙戦艦ヤマトについては相当くわしい人間という自負があったのです。

先日『宇宙戦艦ヤマト2202 第三章』を新宿で観ました。
テレサの祈るポーズは、まんまノースウェスト・スミス『暗黒界の妖精』のカバー絵だったなぁ、
と、つれづれ検索していたら、いやぁ、驚きました。

先生はジャングルジムを潜水艦の艦橋に見立てて『サブマリン707』ごっこをしていたそうですね。
でしたら小沢さとる先生のマンガにお詳しいことと存じます。

『青の6号』に、大和を改造した万能戦艦ヤマトワンダーが出てくるじゃないですか。
その流れでしょう、スタジオぬえの推輓で、ヤマト企画中の西崎プロデューサーが小沢先生宅を訪れました。
なんと、小沢先生はヤマトワンダーが宇宙へ乗り出すマンガの下描きを既に200ページ描いていたのです。
そのマンガの画像を見る限り、これ無くしてヤマトが出来なかったことは断言できます。
ところが、小沢先生はアニメへの協力を拒むのです。
西崎プロ「あなた以外に誰がこれをやるんです!?」
小沢先生「松本零士くんがいいだろう。彼も船は描けるし」

何より驚いたのは、ヤマトはオレのアイディアだ、いやオレだ、という訴訟の始まる前から、
小沢先生が一切ヤマトについて発言しなかったストイックさです。
 

レンタル掲示板
/215