teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


対話を積み重ねることで生まれるもの 銀河例会に感じていること

 投稿者:哲学(てつまなぶ)  投稿日:2007年 5月 3日(木)07時42分44秒
  久しぶりに投稿します。哲学(てつまなぶ)です。
このところの例会はとても興味深く参加しています。

 これまでも自助サークルとして機能してきました。それぞれの思いをじっくり聴き合う場としてゆったりできる場として存在してきました。

 このところの例会はそれに加えて、自分たちで一つの価値観を生み出していこうとしている、いわば思索集団、哲学集団といえると思います。
 本に書いてあることを材料にその本の内容を超え、自分たちの思いを語り、聴き合うといった感じです。哲学カフェというものがあるのですがそれに近いような内容だと思います。

 対話を重ねることで自分ひとりの思索では思っても見なかった過程や結論が生まれてきます。それがこの醍醐味だと思います。なかなか自分一人では到達しないことでも、人との対話を積み重ねることで新たなものに到達する。そういった感じです。

 これからも対話を積み重ねて市井の哲学者になりたいと思っています。
 哲学(てつまなぶ)でした。
 
 

原因より目的を、深刻よりユーモアを

 投稿者:哲学(てつまなぶ)  投稿日:2006年12月11日(月)23時49分8秒
編集済
  サークル銀河例会の報告です。例によって、私が受け取った例会の内容です。


・いろいろな家族の話。一見、ベクトルは違うが、よく見ていくと、同じような思いを持 った人たちが集まっている印象を受けた。単なる偶然とは言えないかもしれない。何かを学ぶために家族が集まったのか。

・「人に頼まれごとをされるように人になる」ということと、「嫌なことにノーを言うこ とができる」ということはどう関係してくるのか。これも一見すると背反するベクトルのように感じる。
 しかし、そこに共通しているのは自分だけが独立して動くということではないということだ。いずれの場合も、他者との関係性の中で自分が存在していると言うこと。場面、場面や関係性の中で、両方のことが必要となってくるのであろう。

・怒りのこと。なぜ怒りが起こるのかという原因を探るより、何を手に入れるために(目的)怒りを利用しているのかを考えてはどうか。その目的が明らかになればもう少し適切な方法でそれを手に入れるようにすれば怒りを用いなくても良くなるのではないか。何を目的にしているのかを考えてみること。
 怒ることに悩むことに対して、わざと怒るということ(怒りの儀式を我々は名付けた)をやってみるとか。ユーモアのある解決策を考える。自分や他者を距離を置いてみるためにはユーモア精神が大事。問題の解決にも深刻に考えるよりもユーモアのある解決策を考えてみてはどうか。
 

怒り持ちに福音

 投稿者:管理人  投稿日:2006年12月11日(月)00時45分28秒
  久しぶりに書かせていただきます。今日(12月10日)の定例会での話しです。画期的だったので感激を忘れないうちにと思い、眠くなって明日にしようと思ったのですが、思い直し、寝床で書いています。

これまでの定例会でもいつも話題にしていたのですが、瞬間起きてしまう自分に対する怒り(たとえば、洗濯物を干しているとき、ハンガーが絡む時。探し物がでてこない時。など毎日何度となく自分にエーなくそと言って腹を立てています。それが子供たちに向かうこともしばしば。)にたいして何とか出来ないかと話してきましたが、なかなかいい方法が出てきませんでした。

ということで今回の定例会でも、怒りの話題が出てきたのでその怒りが瞬間秒速で発生するので客観視することも出来ず、困り者です。と半ばあきらめに近い感じで話したところ、いろいろ意見が出、最後に出てきたのが、毎日朝、出てくると思う怒りの状況を先に予測して「よーし怒るぞ怒るぞ怒るぞ、洗濯物のハンガーが絡んだら怒るぞ。」と大バーアクション気味に多きめの声でその状況を想像しつつ、ロールプレイの如く、先にやってしまう。
これを聞いた時座っている席から転げ落ちそうになりながら、笑い転げてしまいました。
「怒りを笑い飛ばす免疫療法」見たいです。

そしてほんとに洗濯物のハンガーが絡んで怒ったら面白いじゃないですが?
最高じゃないですか?
あまりの画期的さにこの自分の怒りに苦しんでいる人たちの福音となるのではないかと敢えて書くことにしました。

今後もその実践を書いていくつもりです。
それでは、また。自分に怒っている人たちへ。
 

改革は可能か。自分の人生のシナリオはあるのか。

 投稿者:哲学(てつまなぶ)  投稿日:2006年11月14日(火)00時18分20秒
編集済
  哲学(てつまなぶ)です。11月の月例会が11月11日にありました。以下報告です。
 前半は「愛国心」の話から始まり、教育基本改正、マスコミの話などをしました。
その中で出てきたのは以下のことです。
・改革するということで本当に良くなるかどうかは疑問。理念は正しいとしても、実際に
 そのシステムがその理念どおり良い改革のなるとは限らない。
・マスコミのよって立つ位置はどのようなものか。自分の立場を抜きに正義の名の下に他
 者を批判している。自分も間違うかもしれないというおそれがなく、ただ、正義派とし
 て、現象や組織を断罪しているように映る。自分たちの足下を問い返すことが必要では ないか。
 後半は、小林正観氏の『楽しい人生を生きる宇宙法則』(講談社)を読みました。「自分の人生が自分の書いたシナリオどおりである」ということを巡っての話をしました。
 「自分が書いたにせよ、シナリオがあるというのは何かに規定されているようで受け入れにくい。」という考え方もある。一方で、「シナリオがあったとしても、今の自分には知るすべもないのであるから、そんなシナリオはないと同じである。」という考え方もでた。
 今後もこの本を読み進めることにした。
 

人生のシナリオは全部自分で決めた 小林正観さんの本より

 投稿者:哲学(てつまなぶ)  投稿日:2006年10月22日(日)01時27分48秒
編集済
   10月15日(日)サークル銀河月例会でした。
 今回は小林正観さんの本を通していろいろと考えてみました。今回の本は『楽しい人生を生きる宇宙法則』(講談社)というものです。
 その本の中ではいくつかの話が出てきます。
 ①人生のシナリオを自分で決めた。
  「自分の人生を、生まれるときから死ぬときまで、すべて事細かにシナリオに書いて来たらしいの
  です。」
   私たちは生まれる前に自分の人生のシナリオを書いてきたらしい。自分の人生はすべて決まっ
  ているということのようです。
 ②ありがとうは魔法の言葉
   「『ありがとう』という言葉は構造を変える魔法の言葉かもしれないと思うようになりました。」
   ありがとうは魔法の言葉らしいということです。それを唱えることで、からだが楽になったり、精神
  的に楽なる。人間関係や状況が好転する。そんな話が出ていました。とにかく口先だけでも「あり
  がとう」を唱えるという話です。
 ③いかに頼まれごとをするか。
   「(略)『頼まれごと』を『はい、はい』と言ってやっていくと、三年ほどして、なぜかある方向で自分
    が動かされていることに気づきます。」
    頼まれごとの中から自分の使命が見つかるようです。
  最後の③については、ちょうど、「頼まれごとがあり、その結果自分としてはよいこともあった。」とこの話にタイムリーな体験も聞くことができました。
 これからこの『楽しい人生を生きる宇宙法則』をサークル銀河の例会で少しずつ読むことを決めました。楽しい人生をどうやったら生きることができるか、この本を通して考え、感じていきたいと思います
 

どんな理念のもとに生きれば楽なのか 9月例会の報告より

 投稿者:哲学(てつまなぶ)  投稿日:2006年 9月12日(火)00時17分34秒
編集済
  哲学(てつまなぶ)です。
9月10日(日)サークル銀河の月例会を行いました。
 前半はいろいろな話が出ました。私なりに印象に残ったのは以下のようなことです。
 現代社会に自分を含めた多くの人がとても閉塞感を感じているのではないか。なぜなのか。これは近代合理社会の思想の必然的な結論ではないのか。資本主義というあり方。社会や個人は発展しなければならないというとらえ方になってしまっているのではないか。
 一方、いわゆる前近代とされている社会。例えば、日本なら江戸時代。成長と言うよりも、循環型社会。成長しなければならないというあり方は不自然ではないか。春、夏、秋、冬という循環型のあり方がむしろ自然なのではないか。
 今の制度が悪いとしても、それを改革してもよくなるという保障はない。むしろ、悪くなると言うことも出てくる。そういう意味では、今の制度のままでもしんどいし、制度を変革してもしんどい。どちらにしてもしんどい。どこに出口を見いだすべきか。
 後半はサークル銀河での今後読みたい本について話しました。小林正観さんの本が候補の一つにあがっています。
 以上哲学(てつまなぶ)の月例会のまとめでした。
 

ユーモアのある解決さがし、規準をゆるめる

 投稿者:哲学(てつまなぶ)  投稿日:2006年 8月22日(火)00時32分26秒
  哲学(てつまなぶ)です。
 2006年8月20日(日)のサークル銀河1日大会どうもお疲れ様でした。ありがとうございました。
 昨年に引き続き、2回目の1日大会でした。
 参加した皆さんのいろいろな話が聞けてよかったです。
 「精神の安定」というテーマの話もよかったです。そのためにユーモアのある解決方法をいろいろと考えたのがよかったです。問題の解決を考えるとき、とかく、暗くなりがち。でも、笑いながら、明るく、今回のように問題解決を考えるのは、精神の安定につながったと思います。
 まじめな人はとかく自分に厳しくなりがち。今回はその規準をゆるめてみようということで、規準をゆるめてみるという方向で話をしました。例えば、怒り。通常だと、その問題の「怒り」をなくそうと言う方向に行くと思います。今回は、1日に怒りが起きるのを10回なら10回まで許そうというものでした。一度も怒ってはいけないではなく、10回までは許してもいいのではと言うものでした。「今、まだ、3回までしか怒っていない。あと7回までOK。」こう思えることで、心の余裕につなげることができるのではと言うことでした。
 問題の解決に当たって、「規準をゆるめること」「ユーモアのある解決方法を考えること」。これからの自分の解決にも生かしていきたいと思いました。
 次の例会でもまたいろいろ話をしたいものです。では、また。
                                                      2006年8月22日
 

2月定例会報告

 投稿者:管理人  投稿日:2006年 2月23日(木)10時30分1秒
  報告遅れてすみません。
2006年2月12日
出席者:5名
まずに今日の例会の予定を作成。
1.はじめに来年度のスケジュールを決める。:基本的に第4日曜日とする。(例外月あり)
2.近況報告(リラクゼーショントーク):
  ・夢と向き合うことについての話。夢カウンセリングがこの会でできるといいと思います。
  ・呼吸法と自己暗示CDとホメオパシーで最近ポジティブになってきた。
  ・今年の冬は落ち込まないで過ごせた。など。。。
3.からだをほぐす体操。
4.紙芝居。
5.ピアカウンセリングの説明。(次回から開始)
6.ひとりひとりの思ったこと。
  ・充実した会だった。
  ・記憶力、集中力が落ちてきた。なんとかしたい。
  ・盛りだくさんだった。
  ・参加型の紙芝居がいいと思った。
7.おしまいトーク
  以上のような会でした。
次回:3月12日
 

1月定例会報告

 投稿者:管理人  投稿日:2006年 1月24日(火)15時41分48秒
  2006年1月8日
出席者、4名
内容:
1.まず、話しやすい体を作るべく、からだほぐすためにからだを動かした。
2.参加者からの要望で中村天風さんのビデオを見、後に感想を話す。
3.前回の話し合いで行うことになったピアカウンセリングの紹介と概要の説明をしてもらう。
4.休憩
5.今後のピアカウンセリングの予定を話し合った。
  結果:来週から6回程度を目処に毎週おさらいしつつ、「ピア・カウンセリング」オーエス出版を元に(希望者は購入)行う。
 次回は、フィードバックを重点にピアカウンセリングを何組か行い、振り返りを行う。
6.最後に今日のまとめを行った。(以下が、感想の抜粋)
 KKさん:昔、カウンセリングを勉強していたが、また、それを思い出し、勉強できるのでうれしかった。
 KTさん:話の前に体をほぐすのがよかった。日常、愚痴などの共感しにくいが、感情フィードバックをトレーニングすることで出来るようになるかもしれないと思った。聞く体制の作り方も学びたい。
 TRさん:ビデオは、中村天風さんの本を読んだ人のための資料映像だった。ピアカウンセリングの説明に対する皆さんの感じを聞いて気づきとなった。
 KHさん:私もピアカウンセリングの実践をやりたいと思った。
7.今日は、時間の都合で行えませんでしたが、全くの自助のフリートークの時間もとって行こうと思います。そして新しい方の参加も大歓迎です。
================================================================================
てなわけで参加者の希望から参加者のそれぞれの辛さ、苦しさの話し合い、聞き合いから、一歩踏み込んで(そう思っているだけですが)自分たちのためにも他者の話を積極的に聞き、お手伝いできたらいいかなという考えから、ピアカウンセリングの学習を取り入れることになりました。興味のある方は、どうぞ!もちろん、今まで続けてきた辛さ、苦しさの話し合い、聞き合いのフリートークの時間もとっていきます。そして、その時々の参加者の今ここでの感じを大切にいろいろな展開(自助目的の)もあると思います。よろしくお願いします。また。気軽のおいで下さい。お待ちおります。
 

今朝ひょうが降りました

 投稿者:スオキオミ  投稿日:2005年 4月22日(金)18時19分35秒
  お久しぶりです。みなさまお変わりありませんでしょうか。

今日は休日でした。家に帰ってこの文章を書いています。自宅に帰った解放感(下宿している農場がどうこう言いたいのではありません。自分の性格のために、農場にいる間は緊張しつづけているのだと思います)からか、過食(仮称)してしまいました。今日1日で2回、気持ち悪くなりました。

仕事(農場)の方では、ひとと一緒に働いたり生活したりすることについて、いろいろ勉強になったり反省したり悩んだりしています。
(一例)
正直に言って、周囲のひとに対して悪感情が湧くことはあります。ただそれが自分自身の問題から来ている面が大きいのかなと思っています。一方(上記のように思うからもあるのですが)、不快に感じたり意見が違ったりしても、自己主張できないでいます。

ところで、いぬわしさんは山口にいらっしゃるんですね。ソメイヨシノ(?)はとうに終わっているだろうけど、山口にもたくさん桜の名所があるんでしょうね。

私もいぬわしさんと同様に、サークル銀河さんの集まりにお邪魔できたらいいな、という気持ちはあります。
では。
 

レンタル掲示板
/8