teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 偽物市場/信用第一/yahoo37.com(0)
  2. ぽろりっ(0)
  3. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お疲れさまです!

 投稿者:ぴいちゃん  投稿日:2017年12月17日(日)09時01分3秒
  たきさま
そうですよね。
ブログのほうでは、いつもお世話になっていますので。(^^;)
台南市のランタン、明るい色彩で気分も華やぎますね。
台湾を旅行した時には見逃してしまったので、こちらで
見られて嬉しかったです。

かぎろひさん
今の時期はホントに慌ただしいですよね~。
お体大丈夫ですか。
Fさんと山歩きや歴史探訪をご一緒しているのですって。
よろしくお伝えくださいね。

私のほうは、やっと年賀状を書き終え、年末に帰省する次男一家に
備えて、大掃除モードに入ったところ。
27日までちょこっと仕事も残っているので、もうひと踏ん張り
しなくっちゃ!
 
 

師走

 投稿者:かぎろひ  投稿日:2017年12月16日(土)20時00分38秒
  こんばんは。
目下、担当している機関紙お正月号の編集作業にあえいでいるところです。
あまり時間がないので急がないといけないのですが、いろいろ予定が入っていて、どうなることやらです。それなのに、眠くて眠くて。今日は早めに寝る方が効率があがるかもですね。

ぴいちゃん
書き込みを見つけて、うれしい限りです。
とんとご無沙汰ばかりですいません。なかなか会えなくなりましたね。
またゆっくり会って、いろいろおしゃべりしたいものです。来年はぜひ会いましょう。

最近、よく会っているのがFさん。あの頃からは考えられませんが、一緒に山歩きしたり、「かぎろひ歴史探訪」にも参加してくれたり、一献したりと仲良くしているんですよ。
また、プチ同窓会でも企画しましょうかね。

大阪ルネサンス、きれいですねぇ。
たきさんも、写真ありがとうございました。映像はやはり一気に臨場感を味わわせてくれますね。

 

懐かしい

 投稿者:たき  投稿日:2017年12月16日(土)19時54分30秒
編集済
  ぴいちゃん とは懐かしいお名前ですね。(ここでは)
神在月の出雲大社はねらっていたのです。添乗員さん、ガイドさんの説明も
その都度メモできませんので聴いても忘れたのが多いと思います。

「大阪光のルネサンス」台南市のランタンでしょうか、丸いちょうちん形の
カラフルで美しいのでPCにお借りしました。
 

ご無沙汰しています

 投稿者:ぴいちゃん  投稿日:2017年12月16日(土)13時53分50秒
編集済
  たきさま
奥様と一緒にバスツアーで出雲大社へ、いいですね。
ガイドさんの説明も加わった、たきさまの旅行記を拝見して、
勉強させていただきました!
わが家も、今春出雲大社に参拝したのですが、
孫を連れての家族旅行で、ドタバタでしたから。(^^;)

昨日、大阪・難波の百貨店で、「浅田真央展」を観てきました。
バンクーバーやソチオリンピックでの衣装やメダル、
練習用のスケート靴なども展示されていて、あの当時、
テレビにかじりついて観戦していたことを思い出し、
感動しました。
平昌オリンピックも近いですし、今度はどなたが代表に
選出されるのでしょうね。

帰りに、中之島で開催中の「大阪光のルネサンス」へも。
中央公会堂のウォールタペストリーがステキ!
台南市から届いたランタンも夜空に輝いて、素晴らしかったです。

今年もあとわずかとなりました。
皆さま、どうぞよいお年を!

かぎろひさん、来年は会えるといいですね。
 

出雲大社

 投稿者:たき  投稿日:2017年12月13日(水)09時50分7秒
編集済
  帰りのバスの中で手帳にメモしていると添乗員さんが「何書いているんですか」と書いているのを見つかったんです。「ハイ、忘れないうちい書き込んでいます」と話しました。

帰ってからが大変です、いろんな体験から印象に残ったのを書き出してまとめるってめんどうです。でも時間がありますのでぼちぼち書きました。読んでいただきありがとうございました。

写真は八百万の神様がいらっしゃる稲佐の浜と上陸する島。大国主大神と白ウサギ伝説。遷宮で神様がお移りになっている御仮殿。
 

文章にすること

 投稿者:かぎろひ  投稿日:2017年12月11日(月)20時23分23秒
  こんばんは!

たき様
いつもありがとうございます。
旅に出て、帰ってから、それを文章にして残すことはすばらしいと思います。
文章にすることで、もう一度旅をすることができますし、記録になりますし。

とはいえ、なかなかできません^^;
たき様はいつもそれを実践されていて、感心するばかりです。

あまり感激の渦中だと文章にしにくいですし、また時が経ち過ぎてもいけません。
たき様を見習えたらいいのですが…
 

長文ですが読んで下さい

 投稿者:たき  投稿日:2017年12月 9日(土)09時28分25秒
編集済
  出雲・神在月

夏は海水浴でにぎわうと云う海沿いの道を進むと海岸に小さな島がぽつんとありました。
海岸は稲佐の浜と呼ぶらしい、小さな島は「弁天島」と呼ばれています。

旧歴10月にはここ出雲大社に全国から神様が集まって人々が幸せのご縁を結ぶ会議が行われる。
その全国の神様は海から訪れるといわれている、その海が稲佐の海で上陸場所が弁天島と聞きました。

今年は旧暦の10月は11月27日から始まると云うので30日のバスツァーに妻と参加しました。
訪れたのは午後の3時過ぎ、バス車中で添乗員さんが「出雲大社へ集まった全国八百万の神様は27
日に稲佐の海から上陸して今日は30日なので今頃は昼食も済んで休憩しながらそろそろ午後の会議
をはじめましょうか」と話している時間とちがうかな」なんて笑いを採りながら話してくれました。

出雲大社へ到着すると「専門のガイドさんが詳しく説明してくれますのでゆっくり見学して下さい。」
との添乗員さんの言葉でした。

ガイドさんにまず案内されたのが「手水舎」、ひしゃくに汲んだ清めの水でまず左手を清め右手も。
最後に口をゆすいでひしゃくを戻します。
すぐ近くには出雲大社のご祭神・大国主大神(オオクニヌシノカミ)の銅像が威厳を示すよう立っ
ています、前にはウサギも座っています。有名な神話に大国主大神はワニザメに皮をむかれて困っ
ているウサギを助けた。その神話を基に銅像を立てているようです。

参道を挟んだ向かい側にも大きく手を上に広げている大国主大神(結びの御神像)が御仮殿(拝殿)
の方に向かっています。前には荒れる日本海と太陽をかたどった銅のオブゼが立っています。若く
修行中の身だった時の逸話を基にしているらしい、大国主大神が神となられた縁を表しているらし
い。縁結びの神となられた時の様子だとも。

パンフレットによりますと「大国主大神は、国作りされた地上の政事を天つ神に委譲されて神事
・幽事(かくりごと)を治められる神となられた。とあります。これが有名な「国譲り」神話ですね。

そして向かったのが御仮殿へ、平成の大遷宮(平成25年5月)終了までは御本殿が修造中のため
御仮殿に神様が遷宮されているので御仮殿での参拝となりました。写真でよく見る大注連縄をくぐ
り参拝となりました。

ガイドさんが説明するには出雲大社では2礼4拍1礼が決まりです。「まず住所・氏名を言ってか
ら願い事して下さい」と。大勢の参拝者がいるので自分をわかってもらうために住所・氏名を最
初に言うのかな。

参拝後に見ると少し離れた左右に細長い建物が建っています。説明によると右側が「東十九社、左
が西十九社というんだそうです。この建物は出雲大社より東の神様は東十九社へ西の神様は西十九
社が神様の宿舎になっている、いままさに全国の八百万の神様が東西の宿舎に泊まっています。と
話してくれました。

出雲大社より東西に分けていますが面積にすれば東が多いのでは、と話すと九州には神様がたくさ
んいますのでちょうどここが真ん中です。と説明してくれましたが納得せず。
東西の建物の戸は神様がいつでも出入りできるよう開け放されています。

御仮殿の後ろの楼門の奥に御本殿があるのですが遷宮中のため本殿の参拝はできませんでした。
楼門の前の八足門の前で本殿に向かって参拝するのですが、門の前には発掘調査で出てきた鎌倉時
代の本殿を支えていた柱の根本部分が出土しました。3本の太い木を束ねた直径3mもの柱が3本
出てきました。出てきた場所にその太さを示すタイルが埋められていました。柱の太さからして巨
大な神殿だったかが伺えます。

神様は御仮殿に移られているので御本殿にはいらっしゃらないので屋根だけ見える本殿に参拝しま
した。
本殿の神様である大国主大神様は本殿の正面に鎮座せずに西向きに座していると説明がありました。
なんでも八百万の神様が稲佐の浜に上陸するのをお迎えしたいため海岸に向かって座しているん
です。「みなさん西側に移動しましょう」と歩くと何人かの参拝者も並んでいました。
本殿の屋根だけ見える瑞垣の外から住所・氏名を心の中で告げて「今日一日が無事に過ごせま
すように」とお願いをしました。

そして出雲大社最大の建築物である「神楽殿」へ、正面にある大注連縄は5トンもありで日本一
とか、昭和56年に造営されたとありますから新しいです。祭典、祈願、結婚式など2000人
が収容される広さがあるとか。入り口上部にはステンドグラスが見えます。

最後に「千家国造館」の前を通過しました。出雲大社の宮司様で出雲国造様という名前だそうです、
始祖は天穂日命で天照大神の第二の御子で、現在は第84代とか。皇室とも関係が深く先年にも
皇室の方がお輿入れしました。
千家の長男である千家国麿さんと高円宮典子様と結婚されました。ずいぶんニュースで取り上げ
ていました。

神様って目に見えないですよね。日本に八百万(やおろず)の神様がいます。便所の神様、台所
の神様、田の神様。見えないですよね、でも見えないけれど感謝の気持ちがあるので便所に感謝、
台所に感謝、田に畑に感謝。その感謝の気持ちが神様と感じ崇めるのでしょうか。

そんな神様の中で天上界にいた天照大神が大国主大神と国譲りをし、譲る代わりに出雲大社を建
ててもらいました。天照大神はこの世に降臨し天皇家の祖先となり、天照大神の次男の天穂大神
が千家国造家の祖先となりました。
目には見えないけれどここで縁が結ばれたのでしょうか。なので縁結びの神様なんです。この
話は何度聞いても理解ができませんが理解できないのが神話なんだと。そんなことも感じて帰り
のバスに乗りました。

出雲大社を出て通りに出ると正面に弁天島がみえます、稲佐の海も。そして夕日が海に反射して
輝いています。バスは進んで島近くまできました。夕日が海に一条の光りを照らして島に向かっ
て輝いています。
バスのみんなが「うわぁ!!きれい」と感動の声があがりました。

                   2017年11月30日
 

行ってみたい所

 投稿者:かぎろひ  投稿日:2017年12月 3日(日)22時18分33秒
  雫さん

こんばんは!
ここは、以前から写真を見て、行ってみたいなーと思っている所です。
その気になればすぐ行けるのにね、なかなかです。
写真ありがとうございます。
今日はお天気もよくて、紅葉はいちだんとすばらしかったことでしょう。
 

星のブランコ

 投稿者:  投稿日:2017年12月 3日(日)20時53分11秒
  大阪交野市の府民の森 ほしだ園地

星のブランコへ行ってきました。

混雑してるので磐船神社に止めてテクテク山道を歩いていきました。

全山真っ赤な中に 吊り橋がかかっていました。

素敵でしたよ。
 

神無月

 投稿者:かぎろひ  投稿日:2017年12月 3日(日)14時57分54秒
  こんにちは。
今日はポカポカ陽気でしたね。
明日の締切仕事に集中していましたが、なんとか終えることができました。
晴天の日に閉じこもっていていいのは、お布団が干せることですね~。ふっかふっかになりました。

たき様
神様が集まっていらっしゃる出雲大社の雰囲気はいかがでしたか。
たくさんの方がお参りされているのでしょうね。
出雲へ行ったのは20代の頃だったかなあ。あの頃はまだ奈良に住んでおらず、歴史にもさほど興味をもっていたわけでもなかったのですが、今は行ってみたいかぎろひランクの上位です(笑)。
 

レンタル掲示板
/289