投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今年の漢字「令」を清水寺で、、

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年12月14日(土)15時20分22秒
返信・引用
   インドネシア支部員さん、お元気でなによりです。山登りのお話を楽しく拝見
致しました。日本の山々とかなり違いますね、羨ましい限りです。下りが苦手 ?
だったんですか、まだまだ「人生下り坂」でありませんでしょうから、下りもまた
お楽しみくださいませ。気をつけて歩けば、下りは視野も広いし登りとは違って
醍醐味があるものですよ。
 年末年始 ?にかけて帰国なさるんですね、例会のチャンスはなさそうな時期のよう
ですがどうぞゆっくりして英気を養って下さい。いつも投稿を有難うございます。

 ところで日本では恒例の「今年の、、、」のシ-ズンです。「漢字」は令和から
「令」が選ばれています。令和初の新年を前に12日に発表、例年通り京都清水寺
で森清範貫主が大きく書き上げられました。本堂に展示されますので早速翌13日に
拝見してきました。本堂の奥まったところなので例年よりは暗いので写真の写りが
いまいちですが、思いをはせていただければ幸いです。ただ今本堂は修理中、遠望は
こんな感じです。

 また新年にお会いできますように念じています、では日々いっそうご自愛願います。

 

タンポマス山

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2019年12月13日(金)01時45分14秒
返信・引用
  こんばんは。
日本はかなり寒くなっているようですね。
こちらは相変わらず暑い日が続いています。
さて、今回初めて山登りに挑戦しました。
登った山はタンポマス山です。
ジャカルタから東に150km離れたところにある
標高1684mのマイナーの山です。
この時期、雨季のため雨が心配でしたが、早朝に雨が上がり
標高700mから登り始めました。
登り始めるといきなり松林の中を歩き始めます。
この松から現地の人は松ヤニを回収しているようです。
雨上がりのため、ますます幻影的な熱帯雨林の中を登っていきます。
聞いたことがない鳥の鳴き声や野生の猿の声が聞こえてきます。
POS(休憩所)4では桜のような花を見かけました。
途中、倒木の下をくぐったり、
プチロッククライミングなところもあり、
溶岩がぼこぼこしているところもあり、
変化に富んだ登山道を歩いて行きます。
途中、道に迷いましたが、4時間後無事頂上に着きました。

下りの嫌いな私は帰り道は皆から遅れながら歩くことになり、
生まれたての山羊のように膝ががくがくになりながら降りていきました。
脚力がかなり弱ってしまっています。

インドネシアには3000m級の山がかなりあるそうですが、
下りが満足に降りることができるように
少しずつ鍛えていきたいと思います。

年末は日本に一時帰国します。
そのときには既に例会は終わっているので参加はできませんが、
どこかで歩きたいと思います。
 

麒麟が走り出しました (1)

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年12月10日(火)16時31分52秒
返信・引用
   独言店長さん、憧れの松平郷のお話ありがとうございました。一度は行きたいなと思いながら
まだ実現してません。素敵な写真を拝見させていただきいっそう想いが募っています。

 さて来年、大河ドラマは「麒麟がくる」ですが、私の方は既に走り出しています。
光秀、信長はウォ-クには格好のテ-マです、これまでにも何度か内なるブ-ムがございましたが、
今回も今まで以上に拘ってみたいですね。まず走り出した先は地元の「光秀」像です。

・教科書などでお馴染みの光秀の肖像画、これは大阪府岸和田市の本徳寺にあるんですよ、
常時非公開ですが、門前の説明板をご覧ください。また近くの岸和田城には複製版が展示されて
います、撮影禁止のところちょっと失礼しました、スミマセン。

・これからも「光秀、信長」を私なりの切り口で継続してご紹介させていただきましょう。
ついては岡崎にお住いの独言店長さんにひとつお願いがございます。信長公の城跡を結び歩き
たいのでお知恵とお力をぜひお貸し願います。
 ・勝幡城→那古野城→清州城→小牧城→岐阜城→安土城、、そして本能寺へと。
 

四季桜と紅葉のコラボ

 投稿者:独言店長  投稿日:2019年12月 7日(土)17時54分11秒
返信・引用 編集済
  こんにちは!今日は昼間も肌寒い愛知県岡崎地方でした。
この週末は家でのんびり過ごすつもりです。
さて、先週は豊田市小原へ四季桜を見に行ってきました!
性懲りもなくブログに記事アップしてますので覗いてみてください。
https://ameblo.jp/nagaom0/entry-12551163122.html

https://ameblo.jp/nagaom0/entry-12552728671.html

峠のアカトンボさんが当地へ来訪、塩の道の最終日にご一緒させてもらった時に松平郷のことを仰ってたのを思い出して、ちょっと寄ってみました。
ランチに予定してたお店の開店時間の加減で、30分ほどの滞在、松平東照宮と高月院とその間ぐらいしか歩けませんでしたので、またゆっくり訪ねたいと思います。
その時のランチ記事も良かったらご覧くださいね。
https://ameblo.jp/nagaom0/entry-12553186588.html
 

「祝・令和」一連の記念ウォ-クを終えました

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年12月 5日(木)10時50分56秒
返信・引用
   新天皇のご即位、平成から令和へ、、、、その令和元年も早や師走あと僅かになりました。
私なりに祝・記念ウォ-クをいくつかテ-マを設けて続けてきましたが、このたび一区切りが
つきました。一部は時々本欄でも紹介させていただきましたが、あらためて総まとめを、、、、

1、「歴代順一筆書き御陵巡拝」ウォ-ク、昨年秋から始めましたが大正、昭和両天皇陵を
除いて122代明治天皇陵まで巡拝させていただきました。「一筆書き、、」については
ほぼ80パ-セントは忠実に歩き終えた感じです。淳仁、崇徳、安徳三御陵については今回は
近郊地の代替か所(それがしっかりあるんですよ)に参拝を、、、。大正、昭和天皇陵については
来年に上京の機会をとらえて参らせていただきます。

 ・北朝5代の天皇陵も参拝、また各地に伝承が残ってる長慶天皇陵についても+2陵を参拝
済みですが引き続きお参りしようと思っています。物語風には「継体天皇の宮跡を四か所結び
あるきましたし、壬申の乱についてもかって大海人皇子の後を追い歩きしましたが、今回の一連
のウォ-クの途上で旧跡に二か所めぐり逢い、喜んでいます。

2、10月22日には「即位礼正殿の儀」が行われました、天皇は高御座にお上りになって、、、
私はタカミクラに拘って20日に播磨アルプスの主峰「高御位山」にお祝い登山をしました。

3、平安時代、ご即位後の神社行幸を66代一条天皇、71代後三条天皇の代に「行き先、順序」
が制度化され十社が定められました。私は昨4日順不動ながら日吉大社に代参?、で満願達成。
・石清水・賀茂・春日・平野・大原野・松尾・北野・日吉・稲荷・祇園が対象でしたが、すべて
秋紅葉の真っ盛りを堪能させていただきました。

4、7月に世界文化遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」もこの機会をと参拝させていただき
ました。対象の49か所だけでなく欲張って全ての古墳を網羅いたしました。

 上記1234は単独のウォ-クでしたが、以下グル-プ仲間とのテ-マを取り上げましょう。

5、・「平成から令和」への御代替わりの日、4月30日に紀州加太国民休暇村に有志仲間15名で
一泊、5月1日の令和の日の出を拝みました、お互いの健康長寿を祈りながら。
 ・今年のOWU例会は「祝・新元号、、」と題した例会が11回設定されていましたが、積極的に
参加させていただきました。

  以上、素敵な思い出野数々が積み重ねられて喜んでいます、ありがとうございました。
 

/319