投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


幻の大佛鉄道の遺構を巡る

 投稿者:たこのあしメール  投稿日:2018年 7月 4日(水)10時38分22秒
返信・引用
  「幻の大佛鉄道の遺構を巡る」

平成30年7月1日(日)例会に参加しました。
関東地方では梅雨もあけたと言われるが、近畿地方は梅雨明け宣言は行われていない。
梅雨の晴れ間の暑い日、ウオーキングは実施された。
2年ほど前は加茂から奈良のコースに参加したが、今回は奈良から加茂へ向かうコースとなった。

暑さのために自身の体調を考えて自らバスに乗り込み、奈良または加茂に向かったウオーカーも数人見られた。
コースはバス路線の沿っており途中リタイヤが可能となっている。

距離は、約13km
参加者は約130人
写真は、信号待ちをするウオーカー、鹿川隧道の見学に向かうウオーカーとコースに戻るウオーカー。
コースには、写真のような案内板や標識が設置され、また、コース上にはトイレも整備されウオーカーの利便性が格段に向上している。

http://www.osaka-walking.jp/

 

KANSAIウオーク大阪大会

 投稿者:たこのあしメール  投稿日:2018年 7月 4日(水)09時52分41秒
返信・引用
  「KANSAIウオーク大阪大会:明治維新150年。幕末の志士が辿った大阪を歩く!」

6月30日土曜日、大阪中之島公園芝生広場に集合してスペシャルコース約15km、ファミリーコース約9kmのコースが設定され、スペシャルコースは9時45分スタート、ファミリーコースは10時45分にスタートして16時までにスタート地点にゴールして解散するウオーキング。
天候:晴れ
参加費:事前申込(支払いは当日)500円、当日参加 800円
参加者:約1000人

スペシャルコース:中之島公園⇒八軒家浜⇒旧桜宮公会堂⇒泉布観⇒造幣局⇒藤田邸跡公園⇒ジョーテラス大阪⇒砲兵工廠跡⇒大阪城天守閣⇒ミライザ大阪城⇒多聞櫓⇒歩兵第8連隊跡⇒兵部大輔大村益次郎卿殉難報国之碑⇒難波神社⇒難波別院⇒津村別院⇒御霊神社⇒長州萩藩蔵屋敷跡⇒薩摩藩蔵屋敷跡⇒福沢諭吉誕生の地⇒加島屋本家跡⇒大阪市中央公会堂⇒バラ園⇒中之島公園《ゴール》

ファミリーコース:中之島公園⇒八軒家浜⇒旧桜宮公会堂⇒泉布観⇒造幣局⇒藤田邸跡公園⇒ジョーテラス大阪⇒砲兵工廠跡⇒大阪城天守閣⇒ミライザ大阪城⇒多聞櫓⇒八軒家船着場の跡⇒五代友厚像⇒大阪市中央公会堂⇒バラ園⇒中之島公園《ゴール》

写真は、特別協賛LIONのキャラクター「ライオンちゃん」、大阪市北区のご当地キャラクター「のんちゃん」、「すーちゃん」
山田会長のコース上の注意事項の説明と参加者
スペシャルコース先頭を歩くスタッフ

http://www.osaka-walking.jp/

 

「府県境を跨ぐ②」

 投稿者:杦やんメール  投稿日:2018年 6月25日(月)21時39分16秒
返信・引用
  「府県境を跨ぐ②」
この例会は、会員のみですから、たこのあしさんもレポートが書けませんね。
杦やんも本当のことは少しぼかしますのでご注意して読んで下さい。
会員の杦やんが6月24日の例会に参加しましたので書いてみます。スケジュール表では32kmのところ下見をした結果35kmに変更になった。
このコースは、主に自転車道を歩く平坦なコースになっているが、交通信号機がないため、信号待ちのロスがない。
更に日陰の少ないコースとなっている。
前日の雨と違いは、風は少し有るものの、日差しは強く、また路面からの反射も強く厳しいウオーキングとなった。
精華町の体育館で短めの昼食、距離が長く暑さも厳しい中途中のリタイヤは約10人、残りは中書島駅に元気でゴール。顔には、塩分が浮き出て触るとざらざら。

写真は、元気に歩く参加者

http://www.osaka-walking.jp/

 

暗越奈良街道と深江菅笠ゆかりの地を巡る

 投稿者:たこのあしメール  投稿日:2018年 6月25日(月)16時47分32秒
返信・引用
  「暗越奈良街道と深江菅笠ゆかりの地を巡る」
今年第1回目のAOWAウオークが平成30年6月23日(土)実施されました。
集合場所は、JR玉造駅近くの東小橋公園(ひがしこばせこうえん)でした。
天気予報はあまり良くない予報でしたが、受付はテントを用意して万端の準備でした。
主催者さんご苦労様です。
コースは、東小橋公園 ⇒ 暗越奈良街道 ⇒ 熊野大神宮⇒深江稲荷神社⇒荒本西公園(昼食)⇒ 寺島公園(列詰め)⇒鴻池新田駅(12kmゴール)
更に長く歩く人は、⇒ 鶴見緑地公園 ⇒鶴見通⇒ JR:京橋駅(19kmゴール)まで。
参加者はざっと見て360名程かな。9時30分快適にスタート、
途中から雨が降ったり止んだり、荒本西公園の昼食時は雨で座るところもない。
立って傘を差しておむすびを口に運ぶ。
休憩時間も早々に午後の部スタート。寺島公園で長いコースを歩く組と短いコースで終了する組にわけた。
雨が降るため、傘を差している人が多くいるため、天気の時の3倍以上に広がり、また、分けているところもどこが境界線か分からない状態だった。
前部で、雨が強く降るためにここで中止する説明をしたが、聞こえたのはその周辺だけ。

しかし、雰囲気でそのことが分かった一部のウオーカーが勝手に駅に向かって動き始めた。
中止しても鴻池新田駅までは歩行コースが決まっており、先頭が案内することになっております。
駅近くの予定の場所でIVVシールを渡していると、駅に行ったけどIVVをシールを配っていない。とIVVシールを配布しているスタッフに文句を付ける。
そこで良く聞いてみると勝手に動き始めた集団は、コースと違う方向に進んで駅に先回りしたためと分かった。
気がついていたスタッフがいたかも知れませんが、雨のため傘を差しているウオーカーには聞こえなかったのでしょう。

ウオーカーはどうして我先にと先頭について行くのでしょうか。しかも道一杯に広がって。

写真は東小橋公園受付の終わったウオーカー、
雨天対策として土俵横に2張りのテントで受付を実施、
赤信号で停止するウオーカー雨が降ったり止んだりで傘を差しているウオーカーも。

http://www.osaka-walking.jp/

 

プンチャク歩き

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2018年 6月24日(日)19時59分23秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
日本を離れて早3か月過ぎました。
私は、ジャカルタから東に45km離れた町に住んでいます。
こちらは最高気温33℃、最低気温25℃の日々が続いています。
今は乾季でほとんど雨が降っていません。
これまでジムでしか歩くことができませんでしたが、
ようやくウォーキングに参加することができましたので、
報告いたします。

今回は、ジャカルタから南にあるボゴーレという町より
さらに奥に行った標高1000mのプンチャクというところを歩きました。
この辺りは茶畑が広がっています。
遠くに見える山は
高いほうがパングランゴ山(標高3019m)、
隣の山はグデ山(標高2958m)です。
グデ山は登山口から6時間かかって登ることができる山だそうです。
入山許可が必要で、ガイドをつける必要があります。
山頂には山小屋があって、1泊2日で登るのが普通だそうです。

日本からアジサイの開花の連絡を受けていますが、
こちらにもアジサイの花が咲いていました。

今回は、約10kmの行程でしたが、
自然の良いところを歩かせていただきました。
ただ、早速ヒルにかまれるという洗礼を受けました。
 

/310