投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


播磨アルプス・高御位山

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年10月21日(月)15時06分39秒
返信・引用
   山陽本線を加古川を渡って姫路に近づくにつれ、右手に城壁を思わせる荒々しい
岩山が展開します、標高こそ300米前後ながら岩稜の連なる山塊は播磨アルプス
と言われていますが、その名に恥じない山並みです。昔々例会を企画し案内させて
いただいたこともありますが、昨日20日秋晴れの下久しぶりに出かけてきました。

 縦走路からの展望は抜群、休日・好天でもあり相当な賑わいです。単独行の方も
多いでしたが、家族連れ、カップル、小グル-プなど多彩な顔触れです。行き交う
登山者もあれば、先を譲ったり譲られたり、、、会話も重ねながらとても楽しい
山歩きがが出来ました。三枚の写真は、、、、
 ・山並みが続きますが、右奥が高御位山です、
 ・頂上近くの標識「高御位山」→
 ・頂上の自称「高御位」と高御位神社 です

 大変畏れ多いお話ではありますが、明日22日は「即位礼正殿の儀」が行われます、
天皇様が「高御座」にお登りになられて内外にご即位を宣明になられます、、、、
この「たかみくら」、「座と位」こそ一字異なりますが、私としては一足早くお祝い
を高御位山からさせていただきました、ありがとうございました。
 

大健康チャリティーウオーク参加募集

 投稿者:報知あるくLOVEメール  投稿日:2019年10月11日(金)16時13分49秒
返信・引用
  今年の大健康ウォークの舞台は大阪・堺市!
百舌鳥古墳群のユネスコ世界文化遺産登録を祝すとともに、堺市ゆかりの千利休、与謝野晶子にまつわる史跡を巡る特設コースです。
参加者は博物館「さかい利晶の杜」入館無料。ゴール地点では泉州9市4町が地元グルメを提供(有料)する「にぎわいマルシェ G13泉州ご当地グルメサミット」を同時開催。恒例の大抽選会や著名人のお宝オークションもお楽しみください!

◆開催日 2019年11月24日(日)
◆集合場所 さかい利晶の杜(南海堺駅または堺東駅下車)
◆コース
ユネスコ世界文化遺産の百舌鳥古市古墳群や千利休、与謝野晶子にまつわる名所旧跡を巡る約10km(関西歩け歩け協会選定)
◆全行程
8:00 受付(順次スタート)~約10kmウォーキング~
13:00 順次ゴール さかい利晶の杜入館・にぎわいマルシェ・抽選会(くじ引き方式)・オークション(入札制)
16:00 終了
◆参加費
事前お申込み:一般1,000円、高校生800円、中学生以下500円
※当日参加は各200円増し、5歳以下は無料
◆申し込み方法
報知新聞事業部(TEL:06-7732-2016)へ電話もしくは公式サイト(https://hochi.jimdosite.com/)から11月18日までにお申込みください。

◆チャリティーオークション
プロ野球界など著名人のお宝グッズを集め、参加者限定のオークションを開催。売上金は堺市に寄付します。
◆お楽しみ抽選会
ゼッケン番号を抽選に使い、デジカメやグルメ杵屋食事券、漬物ギフト、ウォーキングシューズなどが当たる抽選会を開催。
◆にぎわいマルシェ
泉州地区9市4町の人気店を一堂に会する「G13 泉州ご当地グルメサミット」を同時開催。ゴール後はグルメを満喫ください。

https://otent-nankai.jp/category/event/191008_walk_253

 

甘樫丘の歌碑

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年 9月23日(月)11時45分25秒
返信・引用
   昨22日は例会で飛鳥を歩きました、お目当ての彼岸花は今年はいまいちでしたが、
甘樫丘からの眺望や稲渕の棚田や案山子群、キトラ古墳など堪能いたしました。
話題は多岐にわたりますが、ここでは甘樫丘に焦点をあてて振り返ってみましょう。

 甘樫丘からの眺望はこの日も最高でした、畝傍山、二上山など見事ですね。
気分はまさに古代史の最中でした。さて丘の中腹にある歌碑に注目しましょう。
志貴皇子の登場です、天智天皇の皇子です。48代称徳天皇の後、久々に天武系から
天智系の天皇が誕生しました。49代光仁天皇、父親が志貴皇子なんです。

   ・甘樫丘の歌碑は、、、
  「采女の袖吹きかへす明日香風 都を遠みいたづらに吹く」
   ・彼の歌でお気に入りをもう一首、、、
  「石ばしる垂水の上のさ蕨の 萌え出づる春になるにけるかも」

 先に「歴代順・一筆書き御陵巡拝ウォ-ク」で奈良は高円山の東にある光仁天皇陵
田原東陵を参拝しましたが、その西には志貴皇子の田原西陵がありました、皇子は
春日宮天皇のお名前をいただいておられます。
 いろいろな思いを発展させての飛鳥ウォ-ク、楽しい一日でした有難うございました。

 ・写真① 甘樫丘からの眺望、
    ② 丘中腹の志貴皇子の歌碑
    ③ 田原西陵(春日宮天皇・志貴皇子)
 

ラグビ-Wカップ開幕 

 投稿者:伏流水  投稿日:2019年 9月20日(金)20時43分57秒
返信・引用
     今日開幕、大変な盛り上がりですね、ただ今日本チ-ムはロシアと対戦中です。
私は特にファンでもありませんでしたが、ここにきて興味が募ってきました。

 ・京都「下鴨神社」の境内の末社「雑太社」に「第一蹴の地」の記念碑を見かけました。
先月初めふと歩いていますと写真のような碑と解説板に出会いました。
「明治43年9月10日 社前の馬場で初のラグビ-の練習が、第三高等学校と慶應義塾大学
のあいだで行われたそうです」、碑は昭和44年に「第一蹴の地」の聖地としてたてられた
と記されています。こんなことを試合の最中にふと思い出した次第です。このことが契機と
なって以後日本でラグビ-が発展していったということですって。

 ・もう一つの関心事は岩手県釜石市で試合が行われるということです。
釜石は新日鉄釜石時代に七連覇を達成したまさにラグビ-の町ですが、あの大震災で壊滅的な
ダメ-ジを受けました。いろいろな困難を乗り越えて今ワ-ルド杯では二試合が予定されてい
ます。かくいう私は公私ともに大の岩手県フアンなんです、あの大震災のあともなんどか
現地を訪問させていただきました。中学生・小学生が積極的に避難して大惨事を免れたあの
「鵜住居地区」、なんとここに復興のシンボルの球場が建設されたのです。その名も、、、
 「釜石鵜住居復興スタジアム」です、そんな熱い思いを胸に試合を応援したいですね。

 ・皆さんそれぞれの思いでテレビ観戦をされることでしょう、もちろんJAPANの健闘を祈り
たいですが、ラグビ-という競技をこの機会にじっくり味わってみたいとも思っています。

 

太陽の塔と吹田散策

 投稿者:広報  投稿日:2019年 9月12日(木)17時19分56秒
返信・引用
  ゆーほ例会「太陽の塔と吹田散策」の予告です。
期  日 9月14日(土)
集合場所 JR京都線・茨木駅東口駅前広場(愛称:いばらきスカイパレット)
     10時集合
見どころ 1970年、万国博覧会が催された万博公園内を歩き、その後、
     吉志部(きしべ)神社や、片山公園など、吹田丘陵を歩きます。
     ゴールは、JR吹田駅。14時30分解散予定です。
 

/317