<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


久しぶりの日本でのウォーク

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2020年 1月 4日(土)18時01分19秒
返信・引用
  皆さま、明けましておめでとうございます。
今年も遠方の様子をお届けしたいと思います。
懲りずに読んで頂ければ幸いです。

インドネシアには元旦に戻りました。
峠の赤トンボさん、お会いできず申し訳ありません。
既に3日より仕事が始まりました。

日本帰国中、例会がなかったので、
22日に行われた下見「新春パワースポットめぐり」に参加させていただきました。
インドネシアのウォーキングでは自然の中を歩くだけなので、
大阪のパワースポットを歩かせていただき、
日本らしいところを体験することができました。
寒い中を歩くのも久しぶりの感覚でした。
11日の本番が晴れて、上手くいくことを祈っております。
また、30日には雨が上がった後、連合の仲間と大阪七福神詣をしました。
楽しい時間を作っていただき、ありがとうございます。

さて、明日5日は令和2年の最初の例会ですね。
皆さまのご多幸とご活躍及び連合のご発展を
南緯6度より祈願いたします。
私も明日がこちらでの下見参加による歩き始めとなります。
(歩く回数を増やすため、下見にも参加するようになりました。)

1枚目 大阪天満宮
2枚目 中之島公園、花が咲いているように見えますが、何でしょう?
3枚目 四天王寺(大阪七福神)
    午後3時から歩き始めたのでゴールしたときには
    暗くなってしまいました。
(各神社の絵馬の写真は撮りましたが、当日のお楽しみに!)
 

「狛ねずみ」に夢を託して

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2020年 1月 1日(水)15時58分2秒
返信・引用
   令和初の新年、おめでとうございます。
今年は「子」年です、「狛ねずみ」に夢を託してお参りをすませました。

・一、二枚目の写真は、京都哲学の道沿いの「大豊(たいほう)神社」です。
・三枚目の写真は、大阪大国町の「敷津松之宮・大国主神社」です。

 健康長寿、足腰をしっかり鍛えて2020年代を元気に乗り切りましょう。
 

沖縄でカヤック体験

 投稿者:ビッグジョン  投稿日:2019年12月19日(木)21時11分36秒
返信・引用 編集済
 

カヌー2

今月初め沖縄訪問の折
東海岸の慶佐次(げさし)川でカヤックの体験をした。

両側にマングローブの林が広がる川をカヤックで登る
椎名誠の世界の一端を味わった。

ボートやヨットなど、音の出ないスポーツがボクの好み。

https://plaza.rakuten.co.jp/kansonaikikata/

 

今年の漢字「令」を清水寺で、、

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年12月14日(土)15時20分22秒
返信・引用
   インドネシア支部員さん、お元気でなによりです。山登りのお話を楽しく拝見
致しました。日本の山々とかなり違いますね、羨ましい限りです。下りが苦手 ?
だったんですか、まだまだ「人生下り坂」でありませんでしょうから、下りもまた
お楽しみくださいませ。気をつけて歩けば、下りは視野も広いし登りとは違って
醍醐味があるものですよ。
 年末年始 ?にかけて帰国なさるんですね、例会のチャンスはなさそうな時期のよう
ですがどうぞゆっくりして英気を養って下さい。いつも投稿を有難うございます。

 ところで日本では恒例の「今年の、、、」のシ-ズンです。「漢字」は令和から
「令」が選ばれています。令和初の新年を前に12日に発表、例年通り京都清水寺
で森清範貫主が大きく書き上げられました。本堂に展示されますので早速翌13日に
拝見してきました。本堂の奥まったところなので例年よりは暗いので写真の写りが
いまいちですが、思いをはせていただければ幸いです。ただ今本堂は修理中、遠望は
こんな感じです。

 また新年にお会いできますように念じています、では日々いっそうご自愛願います。

 

タンポマス山

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2019年12月13日(金)01時45分14秒
返信・引用
  こんばんは。
日本はかなり寒くなっているようですね。
こちらは相変わらず暑い日が続いています。
さて、今回初めて山登りに挑戦しました。
登った山はタンポマス山です。
ジャカルタから東に150km離れたところにある
標高1684mのマイナーの山です。
この時期、雨季のため雨が心配でしたが、早朝に雨が上がり
標高700mから登り始めました。
登り始めるといきなり松林の中を歩き始めます。
この松から現地の人は松ヤニを回収しているようです。
雨上がりのため、ますます幻影的な熱帯雨林の中を登っていきます。
聞いたことがない鳥の鳴き声や野生の猿の声が聞こえてきます。
POS(休憩所)4では桜のような花を見かけました。
途中、倒木の下をくぐったり、
プチロッククライミングなところもあり、
溶岩がぼこぼこしているところもあり、
変化に富んだ登山道を歩いて行きます。
途中、道に迷いましたが、4時間後無事頂上に着きました。

下りの嫌いな私は帰り道は皆から遅れながら歩くことになり、
生まれたての山羊のように膝ががくがくになりながら降りていきました。
脚力がかなり弱ってしまっています。

インドネシアには3000m級の山がかなりあるそうですが、
下りが満足に降りることができるように
少しずつ鍛えていきたいと思います。

年末は日本に一時帰国します。
そのときには既に例会は終わっているので参加はできませんが、
どこかで歩きたいと思います。
 

/329