【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


花便り

 投稿者:shuuterメール  投稿日:2022年 3月16日(水)18時20分0秒
返信・引用 編集済
  猪名川のネコヤナギ

最近は河川の護岸工事が進み 河原の植物系も大きな影響を受け
品種が減少いたしています。
猪名川の河原にネコヤナギが群生する場所が残っています。
このところの暖かさで白穂が黄色に変わり花を咲かせています。

ネコ18.JPG

ネコ84.JPG

イナガワ4.JPG

ネコヤナギは白い花穂をネコの尾になぞらえて名がつきました。
 

花便り

 投稿者:shuuterメール  投稿日:2022年 3月 8日(火)20時51分20秒
返信・引用
  今年の冬は寒く長いです。里山の野花の動きが鈍いです。
止む無く温室の花続けます。

京都府立植物園 温室

アリストロキア サルバドレンシス
原産地 サルバアドル  ウマノスズクサ科

濃い赤褐色の「ダースベーダー」のマスクのような不思議な花(実際は萼)を1個づつ付けます。各花は1週間ほど咲き続けます。
DSC08890.JPG

インパテイエンス ニアムニアメンシス
原産地 アフリカ中西部 ツリフネソウ科
赤色と黄色の果実のようなトロピカル的な花咲かせます。
DSC08846.JPG

アガペデス ブルマニカ
原産地 ミヤンマー  ツツジ科
花に網目模様の筒状の美しい花咲かせます。
DSC08858.JPG
 

花便り

 投稿者:shuuterメール  投稿日:2022年 2月18日(金)18時36分50秒
返信・引用 編集済
  3回目のワクチン接種も進みつつあります。ソロソロ コロナ騒動収束してほしいものです。
春分も過ぎ暖かくなりつつあると思うのですが、春の動きまだ鈍いです。
止む無く植物園のお世話になっています。

京都府立植物園の花です。

セツブンソウ(節分草)
 キンポウゲ科
 本州(関東地方 中部地方)の石灰岩を好む傾向があります。
 早春に芽を出し 節分の頃に花を咲かせますことからこの名があります。

セツブンソウ2.JPG

チャポデイア・スプレンデンス
 アカネ科
メキシコのモソタル山のみに自生します。

チャポデイアスプレンデンス1.JPG

クレロデンドルム・クアドリロクラレ
 クマツヅラ科
 フイリピン 原産地
 花はピンクの細長い筒状化で先端は5つに裂片になって広がります。
 冬に咲く花火といわれています。

クレロデンドルム・クアドリロクラレ1.JPG

カメリア クックフォンゲンシス   訂正いたします。
ツバキ科
ベトナム北部 原産地

キンカチャ1.JPG


 

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2022年 2月13日(日)08時31分43秒
返信・引用
  峠の赤トンボさん、コメントいただきありがとうございました。
日本での予定がすべて終わり、
PCR検査も陰性だったので
今日、帰印尼します。
向こうでは5日間の自己負担による強制隔離と
トータル2週間の自主隔離があります。
まだリモート勤務が続きます。
インドネシアもオミクロン株が広がり、
昨日の新規患者数は55,000人になっています。

今日、B例会があったら、中間ゴールまで
歩く予定にしていましたが、残念です。
日本帰国中、Kさんに会うことができました。

早く歩けるようになることを祈っています。
皆様、お元気にお過ごしください。

写真は、三十三間堂で咲いていた「十月桜」です。
 

花便り

 投稿者:shuuterメール  投稿日:2022年 2月 7日(月)19時09分55秒
返信・引用
  武田尾
コロナの脅威 増えるばかりです。
ワクチン接種を早くに受ける以外 策はないようです。13日に接種する予定です。

春の動きが待られるのですが動き鈍くめぼしいものはありません。

カワラハンノキ カバノキ科
河原に雄花を垂れて広がります。
カバノキ科の花は風媒花ですので虫のいない冬でも問題なしです。
雌花は雄花の上に小さく伸びます。

カワラハンオキ41.JPG

アブラチャン
 枯葉を遅くまで残す樹木としてはヤマコウバシが知られています。
アブラチャンの枯葉はまだ残っていました。新芽が出はじめています。
花は桜の前に黄色の花を咲かせます。
私の好きな樹木の一つです。現在苗木を種から育てています。早いものは高さ20cm まで伸びてきています。来年には近くのきずきの森に植える予定です。
孫も大きくなりました。これからは樹木の成長を楽しみに過ごしたく思っています。

アブラチャン7.JPG

ボタンヅル
綿毛の姿が残っていました。

ボタンズル2.JPG


廃線跡

スッポト10.JPG

 

/355