投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


甘樫丘の歌碑

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年 9月23日(月)11時45分25秒
返信・引用
   昨22日は例会で飛鳥を歩きました、お目当ての彼岸花は今年はいまいちでしたが、
甘樫丘からの眺望や稲渕の棚田や案山子群、キトラ古墳など堪能いたしました。
話題は多岐にわたりますが、ここでは甘樫丘に焦点をあてて振り返ってみましょう。

 甘樫丘からの眺望はこの日も最高でした、畝傍山、二上山など見事ですね。
気分はまさに古代史の最中でした。さて丘の中腹にある歌碑に注目しましょう。
志貴皇子の登場です、天智天皇の皇子です。48代称徳天皇の後、久々に天武系から
天智系の天皇が誕生しました。49代光仁天皇、父親が志貴皇子なんです。

   ・甘樫丘の歌碑は、、、
  「采女の袖吹きかへす明日香風 都を遠みいたづらに吹く」
   ・彼の歌でお気に入りをもう一首、、、
  「石ばしる垂水の上のさ蕨の 萌え出づる春になるにけるかも」

 先に「歴代順・一筆書き御陵巡拝ウォ-ク」で奈良は高円山の東にある光仁天皇陵
田原東陵を参拝しましたが、その西には志貴皇子の田原西陵がありました、皇子は
春日宮天皇のお名前をいただいておられます。
 いろいろな思いを発展させての飛鳥ウォ-ク、楽しい一日でした有難うございました。

 ・写真① 甘樫丘からの眺望、
    ② 丘中腹の志貴皇子の歌碑
    ③ 田原西陵(春日宮天皇・志貴皇子)
 

ラグビ-Wカップ開幕 

 投稿者:伏流水  投稿日:2019年 9月20日(金)20時43分57秒
返信・引用
     今日開幕、大変な盛り上がりですね、ただ今日本チ-ムはロシアと対戦中です。
私は特にファンでもありませんでしたが、ここにきて興味が募ってきました。

 ・京都「下鴨神社」の境内の末社「雑太社」に「第一蹴の地」の記念碑を見かけました。
先月初めふと歩いていますと写真のような碑と解説板に出会いました。
「明治43年9月10日 社前の馬場で初のラグビ-の練習が、第三高等学校と慶應義塾大学
のあいだで行われたそうです」、碑は昭和44年に「第一蹴の地」の聖地としてたてられた
と記されています。こんなことを試合の最中にふと思い出した次第です。このことが契機と
なって以後日本でラグビ-が発展していったということですって。

 ・もう一つの関心事は岩手県釜石市で試合が行われるということです。
釜石は新日鉄釜石時代に七連覇を達成したまさにラグビ-の町ですが、あの大震災で壊滅的な
ダメ-ジを受けました。いろいろな困難を乗り越えて今ワ-ルド杯では二試合が予定されてい
ます。かくいう私は公私ともに大の岩手県フアンなんです、あの大震災のあともなんどか
現地を訪問させていただきました。中学生・小学生が積極的に避難して大惨事を免れたあの
「鵜住居地区」、なんとここに復興のシンボルの球場が建設されたのです。その名も、、、
 「釜石鵜住居復興スタジアム」です、そんな熱い思いを胸に試合を応援したいですね。

 ・皆さんそれぞれの思いでテレビ観戦をされることでしょう、もちろんJAPANの健闘を祈り
たいですが、ラグビ-という競技をこの機会にじっくり味わってみたいとも思っています。

 

太陽の塔と吹田散策

 投稿者:広報  投稿日:2019年 9月12日(木)17時19分56秒
返信・引用
  ゆーほ例会「太陽の塔と吹田散策」の予告です。
期  日 9月14日(土)
集合場所 JR京都線・茨木駅東口駅前広場(愛称:いばらきスカイパレット)
     10時集合
見どころ 1970年、万国博覧会が催された万博公園内を歩き、その後、
     吉志部(きしべ)神社や、片山公園など、吹田丘陵を歩きます。
     ゴールは、JR吹田駅。14時30分解散予定です。
 

次回予告

 投稿者:広報  投稿日:2019年 7月31日(水)13時06分12秒
返信・引用
  ゆーほ例会「たそがれウオークブルー&レッドストリート」
のご案内です。
8月 3日(土) 毛馬桜之宮公園 16時30分
          (最寄駅 : JR桜ノ宮駅 西出口)
大阪市内を歩きますので、明るいですが、懐中電灯など
ご持参願います。

?
 

古市古墳群 パ-ト2

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2019年 7月21日(日)10時18分57秒
返信・引用
    世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群、それぞれに二回ずつ歩き回りました。
登録遺産は23+26か所ですが、登録外のも含めますと44+45か所にもなるようです。
熱の冷めないうちにとほぼすべて見学させていただきました。仁徳天皇陵、応仁天皇陵など
の巨大古墳も少なくありませんが、私は遺産登録も含めて「中には入れて上に登れる古墳」、
「小さくて可愛い古墳」がお気に入りです。この先保存状態が問われましょうが、中には
素人目にも心配なところもございました。

 古市古墳群、中に入れて登れる古墳が8か所あるようです。今回7月20日にはなんとか
網羅しましたが、一筋縄ではありません。そばにきてても入り口は、、、?だったり。
中には住宅のすぐ側なので上に登ったら慌てて窓を閉められたり、スミマセンでした。
 ここでは三か所、写真を添えてご紹介させていただきましょう。

 ・古室山古墳(世界遺産) 広々とした公園です、これは。
 ・助太山古墳(世界遺産) とても可愛い古墳です、よくわかりました、入れました。
 ・鉢塚古墳  (世界遺産) ごく近くの幼稚園児の格好のハイキングだね、

 両古墳群、歩き結びますと東西約10キロ程度です。1500年以上まえ、なぜこんな
エリアに古墳群が生まれたのかな、楽しい課題です。電車で最寄りの駅に出かけるとなんだか
遠く感じますが、これは歩くに限ますね。

 

/321