【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


インドネシア支部員さん !

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2022年 1月30日(日)19時19分47秒
返信・引用
     こんにちは、帰国されてたんですね。コロナ禍での入出国手続きは楽では
ないでしょうね。束の間の滞在なのかもしれませんがお大事に願います。
そんな中にも、大阪城公園の早朝歩き、またインドネシアでのウォーキングの
模様など投稿いただきありがとうございました。中々お会いする機会がござい
ませんが、いつもKさんとお話してるんですよ。

 さて投稿を拝見した後、テレビの番組表を見てますと、なんとこんな番組に
出会いました、早速録画して先ほど観させていただきました。
「行くぞ ! 最果て ! 秘境×鉄道 ・インドネシア ほのぼの列車」
 NHKBSプレミアム 1/30 14時~15時半 の番組でしたが、過酷な道中も
ありましたが、心温まるまさにほのぼのとした、運転に携わる方々や沿線の方々
との触れ合いもあって感激いたしました。

   添付の写真は、例会でもお馴染みの橿原神宮です、

 
 

大阪城公園

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2022年 1月30日(日)09時50分55秒
返信・引用
  1/30、まんえい防止法のため、
早朝から一人ウォーキングをしてきました。
外が暗くても一人で歩けるのが日本の良さですね。
インドネシアでは絶対できない行動です。
間違えなく強盗に狙われてしまいます。

現在、夜明け前の東の空には明けの明星(金星)が見えています。
今日は、下弦の月が隣に並んでいてよかったです。
(写真1 上が明けの明星、下が下弦の月)

夜明け前の大阪城もいいですね。
すごく感じよく見えます。
大阪城の周辺にはたくさんの方がラジオ体操のため、集まっています。

その後、梅園に寄ってきました。
今年は寒いこともあり、全体的に遅いです。
ほぼ満開なのは早咲きの「冬至」と「紅梅」のみ。
しかし、ポツポツと咲き始めているのが
「一重野梅」、「紅冬至」、「八重海棠」、「旭鶴」、「鈴鹿の関」でした。
もう何年も桜を見ていない私にとっては
わずかな梅の花でも心が和むものです。
早朝で人もあまりいませんので、マスクを外すと
梅の香りがたたずんでいて本当に良かったです。
もう少し経ってから来園されたほうが良いと思います。
(写真3 左上から、冬至、旭鶴、左下から、一重野梅、紅冬至)

今日は大阪女子マラソン、大阪城公園内も熱い戦いが見られることでしょう。
 

近況報告

 投稿者:インドネシア支部員  投稿日:2022年 1月30日(日)08時47分54秒
返信・引用
  皆さん、こんにちは。
1月中旬に健康診断のため日本に戻ってきました。
29日まで自宅待機でしたが、
オミクロン株の広がりで27日からまんえい防止措置が決まりました。
今回の帰国時も例会、下見の参加も無理そうです。
(1/30の下見参加を考えていました)
「御陵参拝」ですが、2018年しか参加できませんでした。
日本に戻ってきたら、ゆっくり回ってみたいと思います。

さて、今回は、インドネシアで1月に行われた
「スントゥールの滝めぐり」について報告したいと思います。
本番は1/15にあり、当日は仕事で参加できなかったのですが、
12月と1週間前に行われた下見に参加しました。
実はこのコース、以前使用した道が草木で覆われてなくなっており、
新たにコース設定から行う必要がありました。
ジャングルの中や棚田の畦道を歩くコースになりました。
(写真2右、棚田とバナナ畑、
写真2左、1週間前の下見の時はここまで草が生えてなかったのだけど、成長が早い)
また、小さな川が多く、渡渉もやむをえない感じです。
日本なら、こんなコース設定はしないでしょうが、
こちらではこのような自然を満喫できるコースが人気なんです。
滝は天使の滝(写真1)と二段の滝の2か所を巡るコースにしました。

本番の前日には雨が降ったため、
畦道や石の上で滑ってしりもちをつく人が多かったようです。
木の橋では安全のため、ロープを張って参加者を渡すことにしました。
(写真3の上)
渡渉している写真(写真3の下)で上に見えているのが竹でできた橋なんですが、
この橋を渡るには危なすぎるということで渡渉としました。
12月の下見では膝ぐらいの深さがあったので心配していたのですが、
1週間前の下見では足首までに下がっていたので良かったです。

インドネシアでもオミクロン株が広がり始めました。
昨日で1日11000人程度の新規患者数で先週から4.5倍に増えています。
無料検査所がないので、症状がないと検査もしないから
日本のように急に数字が上がることはないと思います。
 

花便り

 投稿者:shuuterメール  投稿日:2022年 1月28日(金)17時03分45秒
返信・引用 編集済
  峠の赤トンボさん コロナの騒動の中元気にウオーキングを楽しまれておられ素敵です。
私も負けずに野花を求めて神戸市立森林植物園に出かけました。
まだ春へ動き鈍く やっと見つけた少しの花です。

神戸市立森林植物園

ユキワリイチゲ
 新春早々に雪を割って顔を出すという 可憐な花です。
まだ寒く数個だけ花開いていました。

ユキワリイチゲ1 (2).JPG

ニリンソウ
 条件がそろうと2輪咲いたものが見れるのですが、まだ早く1輪咲きでした。

ニリンソウ1.JPG

ソシンロウバイ
 中国原産 ロウバイの1品種です。ロウ細工のような黄色の花楽しめます。

ソシンロウバイ29.JPG

長谷池

ハセイケ4.JPG
 

例会としては最後の「御陵参拝W」

 投稿者:峠の赤トンボ  投稿日:2022年 1月26日(水)09時45分7秒
返信・引用
   またまた、、、、「まん延、、」ですね、我慢の日が続きますが「春」を
待ちたいと思います。さて三日前になりますが「御陵参拝⑨」に参加しました。
この日は太子町の「王陵の谷」といわれる四御陵と聖徳太子御廟「叡福寺」を
巡拝しました。午後からは雨の予報、寒い一日でしたが古代史に夢を馳せながら
歩くことができました、、「敏達」「用明」「推古」「孝徳」各天皇陵でしたが、
それぞれ太子と深いつながりのある天皇です。

 今回で9回目、124代+北朝5代の内、近畿圏外の遠隔地の御陵や、近畿圏内とは
いえ足場の悪い御陵などを除いてますが、一応今回で本シリーズは終わりました。
お世話いただいた方々長い間ありがとうございました。

 写真①上の太子駅前の「聖徳太子銅像」、今年は「太子没後1400年」に当たり
    ますが、昨年11月に除幕式を終えたばかりです、
   ② 太子の眠る「叡福寺」の門前、幟が鮮やかです、
   ③ 推古天皇陵、太子が摂政として華々しく活躍した代です、
 

/355