teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


釜田さんを偲んで

 投稿者:米原  投稿日:2015年 8月30日(日)22時25分40秒
返信・引用
  zyunさん 大連っ子のみなさんへ

 釜田さんにお会いしたのは2010年7月(東京歩こう会)に初めて参加された時でした。春日小学校~大連工業学校の出身と紹介されました。
当時、歩こう会の参加者数は毎月30名前後の大世帯でしたから、釜田さんとお話する機会は殆どありませんでした。
やがて3年が経ち(一昨年)釜田さんが大連について精通された方であることを知りました。その後、釜田さんにお声をかけてお話をするようになったのです。 釜田さんはとても穏やかな物腰の方で、旧大連の街を熱く語られる時は本当に楽しそうで輝いていらっしゃいました。
Eメールを始めてからは、私の知らないことを何かと教えて頂き、お尋ねするときちんと返信を
くださいました。
工業学校は西山屯(大正広場から約1,3k)にあり私の住まいの近くですから、その辺りの話から
共通の話題が次から次へと‥‥写真や資料の交換が続きました。「霞会掲示板」zyunさんを紹介して下さったり、私の手持ちの写真(大連再訪1977)を掲示して頂いたのもこの頃からでした。

釜田さんは昨年、歩こう会に欠かさず参加され9月もお見えになりました。当日は、赤坂の乃木公園の乃木神社に参拝し宝物殿を見学しました。次に乃木将軍の邸宅近くに残されている、うまや(厩舎) の前で「水師営の会見」の歌 旅順開城約なりて 敵の将軍ステッセル‥‥9番まで
みんなで歌いました。釜田さんは、この歌久しぶりだなぁーと仰ってました。

お会いしたのはこの日が最後になりました。 釜田さん安らかにお眠りください。

  米原


http://8322.teacup.com/zyun/bbs

 
 

謹んで哀悼の意を表します

 投稿者:穂積 健夫  投稿日:2015年 8月22日(土)11時20分6秒
返信・引用
  釜田様の御冥福を お祈り申し上げます
いろいろご指導有難う御座いました  穂積健夫
 

釜田昭司様 御遺族様へ

 投稿者:米原  投稿日:2015年 8月21日(金)10時55分4秒
返信・引用
  御遺族様へ

釜田昭司様の思いがけない悲報を伺い、ただ驚き入りました。
7月掲示板で釜田様の「満洲の赤い夕陽」を拝見したばかりです。あまりにも突然な旅立ちは俄かに信じがたく呆然としております。
春頃でしたか?東京の三鷹でお会いしましょうとお約束しましたが実現できず、それが一番心残りでごさいます。
釜田様は旧大連の街をこよなく愛され情熱溢れる方でした。街の隅々まで詳しくよくご存じで色々ご教示を頂きました。
そして、大連の新地図や写真、資料も沢山頂戴しました。また私の手持ちの写真を掲示板に掲載して頂き深く感謝しております。有難うございました。

在りし日の釜田様のお姿を偲び安らかな御冥福をお祈り申し上げます。
                                 東京都 米原照子

http://8322.teacup.com/zyun/bbs

 

★謹んで哀悼の意を表します

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 8月19日(水)11時38分25秒
返信・引用 編集済
  > No.1830[元記事へ]

大連っ子の皆様へ

先日、釜田庄司様の突然の悲報に接し、ただただ驚いております。老少不定は世の習いとは申せ、釜田様の少々早い旅立ちは無念の極みです。ご生前をお偲びし、遥かにご冥福をお祈り申し上げます。

> 掲示板の皆様

> 私事で恐縮ですが先日父が永い眠りにつきました。
大連を愛してやまない父がこの掲示板で再開できた方々のことをいつも話題にしておりましたので、生まれ育った街と、その街でであった方々を本当に愛していたのだと思います。 私も祖父と父の影響を受け大連に赴任していた事が思い出されます。

本棚から書籍や写真を見つけては撮影/スキャンして、掲示板に投稿させていただいていたようですね。今後は本人からの投稿は行われませんが、本掲示板がこれからも、長く続く事、更に皆様が御健勝であられる事をお祈りします 。長い間お相手くださいましてありがとうございました。代筆 釜田(2世)

 ところで、釜田様との出会いは2010年?、「大連っ子」のメル友仲間として、当該「霞会掲示板」へ初投稿頂くようになって以来、親しくご厚誼を賜りました。

釜田様は、大連で生まれ育った生粋の大連っ子と伺いました。旧き佳き時代の大連の事情について、特段に精通しておられて、何かと懇切丁寧にご教示を賜りました。追、七月の初め迄、お元気なご様子で「霞会掲示板」に「満洲の赤い夕陽」について貴重なコメントを頂戴しておりました。本当に信頼できる先輩でございました。釜田先輩の他界は誠に痛恨の極みです。心よりご冥福をお祈り申し上げる次第です。加えて、旧き佳き時代の大連を知る方々の旅立ちは誠に寂しい限りです。合掌 From Zyunこと仲尾純一郎
 

霞会掲示板の皆様へ

 投稿者:釜田-2  投稿日:2015年 8月18日(火)14時45分40秒
返信・引用
  掲示板の皆様

私事で恐縮ですが先日父が永い眠りにつきました。

大連を愛してやまない父がこの掲示板で再開できた方々の
ことをいつも話題にしておりましたので、生まれ育った街と
その街でであった方々を本当に愛していたのだと思います。
私も祖父と父の影響を受け大連に赴任していた事が思い出されます。

本棚から書籍や写真を見つけては撮影/スキャンして掲示板に
投稿させていただいていたようですね。
今後は本人からの投稿は行われませんが、本掲示板がこれからも
長く続く事、更に皆様が御健勝であられる事をお祈りします。

長い間お相手くださいましてありがとうございました。
代筆 釜田(2世)
 

Re: 満洲の赤い夕陽

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 7月27日(月)21時15分17秒
返信・引用 編集済
  > No.1828[元記事へ]

大連の子の子さんへのお返事です。

大連の子の子さん ようこそ。こんばんは。

> 満州の赤い夕陽の話題に数名の方が返信頂きありがとうございます。新しい話題が出来ましたのでUP致します。TBSテレビ60周年特別企画『レッドクロス~女たちの赤紙~』が放送されます。・・・

いつもながらご高配にあずかり、誠に感謝しています。。放映を鶴首して待つことにしましょう!

それでは復のお越しを楽しみにしています。謝々!! from zyun

「レッドクロス 女たちの赤紙」の予告動画↓

http://www.tbs.co.jp/redcross_tbs60/

 

Re: 満洲の赤い夕陽

 投稿者:大連の子の子  投稿日:2015年 7月25日(土)01時31分44秒
返信・引用
  > No.1827[元記事へ]

zyun様こんばんは。

大連の子の子です。

満州の赤い夕陽の話題に数名の方が返信頂きありがとうございます。

新しい話題が出来ましたのでUP致します。

レッドクロス~女たちの赤紙~
TBSテレビ60周年特別企画『レッドクロス~女たちの赤紙~』が放送されます。
2015年 8月1・2日2夜連続放送!です。

あらすじ↓
今から70年前の日本に、自らの意志で戦地に旅立った女性たちがいた―
1931年 佐賀の女学生・天野希代(松嶋菜々子)は、かつて入院していた母・絹江(浅茅陽子)を看護した看護婦に憧れ、その夢を目指していた。そして「女性でも国の役に立ちたい」という思いから、従軍看護婦になることを決意する。
厳しい訓練に耐え、無事に看護婦養成所を卒業した希代は赤紙を受けて、祖父・大祐(山﨑努)や絹江、同じく従軍看護婦を目指す女学校の後輩・馬渕ハル(高梨臨)ら大勢に見送られながら、満州(中国)に渡る。
しかし待っていたのは、赤十字の信念である「博愛の精神」とはかけ離れ、銃弾が飛び交い常に命の危険に晒されるという予想を上回る過酷な環境だった。
毎日手が足りないほど多くの負傷兵の看病をし、泥のように眠る毎日を送っていたある日、満州開拓団の中川亘(西島秀俊)がケガ人を運び込んでくる。一人は中川の兄・光(赤井英和)、もう1人の患者は中国人の孫(柏倉裕太)だった。
希代は軍医の大竹英世(笑福亭鶴瓶)を説得し孫を治療するが、中国人を助けたという事が、あるきっかけで病院の責任者・蔵原中佐(橋本さとし)にばれてしまう…
その後、18ヶ月の任務を終えた希代はある決意を胸に一時帰国することになる…

予告動画↓
http://www.tbs.co.jp/redcross_tbs60/

参考までにお知らせです。


 

Re: 満洲の赤い夕陽

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 7月10日(金)20時36分13秒
返信・引用 編集済
  > No.1826[元記事へ]

米原さんへのお返事です。

米原さん ようこそ! 霞会掲示板へ こんばんわ。

本当に久方ぶりのご来訪に大変嬉しく存じます。もうすっかり体調は恢復されたのでしょうか? 気候不順の折からどうぞ!倍旧のご自愛専一の程、願い上げます。

> 満洲の赤い夕陽を拝見して、私は奉天時代に見た夕日を懐かしく想い出します(s15~18年頃)あの雄大な夕日が地平線に沈む光景は一度も見たことがなく心残りです・・・

そうでしたか。zyunも全く同様に、あの雄大な紅い夕陽が遥か地平線に沈む光景を観ることは、在連時適いませんでした。返す返すも残念無念の極みで~す。

>「満洲小学唱歌集」4年生「赤い夕日」は大正15年に作られたもの、作詞作曲者は不詳  ネットで試聴できます・・・

「赤い夕日」早速ネットで試聴してみました。メロディにあっては、うろ覚えながら追想できました。ついては、「赤い夕日」のURLを下記の通り添付してみます。zyunは殊に二番の歌詞が好きです。クリックして試聴されてみては如何。

それでは復のお越しを楽しみにしています。謝々! From zyun

http://nobo.jp/tamatebako/mansyu/akaiyuhi.htm

 

満洲の赤い夕陽

 投稿者:米原  投稿日:2015年 7月 6日(月)10時56分53秒
返信・引用
   zyunさん 釜田さん お久し振りです。

 鬱陶しい梅雨期ですがお変わりなくご活躍の様子何よりとお喜び申し上げます。

 私事ですが、春より体調を崩しておりまして長らくご無礼致しました。

 久し振りの「霞会掲示板」で満洲の赤い夕陽を拝見して、私は奉天時代に見た夕日を懐かしく想い出します(s15~18年頃)
 私は、あの雄大な夕日が地平線に沈む光景は一度も見たことがなく心残りです。
奉天市内は夕日が街中のすべてを真っ赤に染めて、やがて線路(連奉線)の彼方に消えてゆくのをよく眺めました。 途方もない大きな夕日は日常に見る光景で、辺りが真っ赤になると子供達は遊びを止めて家路に急ぐのでした。 唱歌、赤い夕日は知りませんでした。 米原

「満洲小学唱歌集」4年生「赤い夕日」は大正15年に作られたもの、作詞作曲者は不詳
 ネットで試聴できます。

http://8322.teacup.com/zyun/bbs

 

Re: 満州の赤い夕陽

 投稿者:釜田  投稿日:2015年 7月 5日(日)14時48分21秒
返信・引用
  > No.1824[元記事へ]

zyunさんへのお返事です。

>  奉天から葫蘆島を目指して引き揚げ途中の無蓋車が、錦州と葫蘆島に至るまでに都合三回位停車して全然動かず仕舞い、皆各自荷物を持って線路沿いに葫蘆島目指して歩いた。黙って歩いた。止まればおしまいだ。だから、子どもも必死になって歩いた。赤い夕陽に照らされながら歩いた。と記述されています。

 当時引揚者のご苦労された事が忍ばれます絵は葫蘆島に近い場所でしょうか?
参考までに葫蘆島を含めた地図を見てください私の見た夕陽は連京線での景色で少し違うと思います  
 

Re: 満州の赤い夕陽

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 7月 1日(水)20時59分3秒
返信・引用 編集済
  > No.1823[元記事へ]

釜田さんへのお返事です。

釜田さん ようこそ!こんばんわ。

最近の「霞会掲示板」はご覧のとおり、閑古鳥が鳴いている有様で~す。チヨッピリ寂しいですね。

>追加掲示された赤い夕陽は、燃えるような大きな夕陽が大平原の地平線に沈む光景で左側の樹は楊柳のようですが、車窓から見た景色も絵と同じ感じでした・・・

そうでしたか。追加掲示の画をお気づき頂いて有難うございます。中国から引き揚げ漫画家の会のお一人である ちばてつやさんの想い出の作品です。ちばてつやさんは当時七歳位であつたろうと推察できます。

 現地は、奉天から葫蘆島を目指して引き揚げ途中の無蓋車が、錦州と葫蘆島に至るまでに都合三回位停車して全然動かず仕舞い、皆各自荷物を持って線路沿いに葫蘆島目指して歩いた。黙って歩いた。止まればおしまいだ。だから、子どもも必死になって歩いた。赤い夕陽に照らされながら歩いた。と記述されています。
 その時の鮮烈な想い出がこの一枚になったと。寒々とした樹々の枝にカササギの巣が描きこまれていましたが・・・とあり、それが楊柳の木だつたのでしよう?

それでは又。再見! From zyun

 

Re: 満州の赤い夕陽

 投稿者:釜田  投稿日:2015年 7月 1日(水)11時49分35秒
返信・引用 編集済
  > No.1821[元記事へ]

zyunさんへのお返事です。

zyunさん 今日は。

追加掲示された赤い夕陽は、燃えるような大きな夕陽が大平原の地平線に沈む光景で左側の樹は楊柳のようですが、車窓から見た景色も絵と同じような感じの場面もありましたした

 

Re: 満州の赤い夕陽

 投稿者:釜田  投稿日:2015年 6月10日(水)14時19分32秒
返信・引用 編集済
  > No.1821[元記事へ]

zyunさんへのお返事です。

zyunさん 今日は。

>今日の宮崎は朝からしとしと小雨が降り続いています。これから本格手的な梅雨の季節に入るかと思うと憂鬱な限りで~す。

 当地も、梅雨入りの宣言がありましたが、真夏日より体がは少し楽ではと思いますが、じめじめも嫌ですね。

>赤い夕陽、燃えるような大きな夕陽が大平原の地平線に沈む光景が思い浮びます。zyunさんも思い出されましたか?・・・

 満洲から引き揚げの漫画家たちが描いた、「紅い夕陽」を掲示して頂きましてこの方達は労苦の最中に見られた赤い夕陽は励ましてくれたのでしょうか、同じ赤い夕陽でも置かれた状況により思い出が違うと思います、戦前戦中の時代を過ごし、引揚の苦労を知らない私としましては、描かれた方達のお気持ち推測することは出来ませんが、平和が幸せということを感じました

 

Re: 満州の紅い夕陽

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 6月 8日(月)15時29分45秒
返信・引用 編集済
  > No.1820[元記事へ]

釜田さんへのお返事です。

釜田さん ようこそ!こんにちわ。

すっかり、お元気になられたご様子で先ずは何よりです。今日の宮崎は朝からしとしと小雨が降り続いています。これから本格手的な梅雨の季節に入るかと思うと憂鬱な限りで~す。

> 大連での夕陽も赤く綺麗でしたが、大連から奉天に向う列車の車窓から見た赤い夕陽は、燃えるような大きな夕陽が大平原の地平線に沈む光景が思い浮びます。zyunさんも思い出されましたか?・・・

残念ながらzyunは、自身の目で、満州の大平原の彼方に沈む紅い夕陽を観ることは適いませんでした。無念の限りで~す。そこで、中国満洲から引き揚げの漫画家たちが描いた、「紅い夕陽」のいくつかを添付してみます。釜田さん、ご回想は如何でしよう?

それでは復のお越しを楽しみにしています。再見! From zyun


 

Re: 満州の紅い陽

 投稿者:釜田  投稿日:2015年 6月 7日(日)15時51分31秒
返信・引用
  > No.1819[元記事へ]

zyunさん今日は

 ご無沙汰をいたしました
 満州の紅い陽の話題が掲示され返事ができずいましたが、映画を見ていないのでコメントできませんでした

 zyunさんも思い出されると思いますが戦争中歌に{戦友}の歌詞に

{ここは御国を何百里離れて遠き満州の赤い夕陽に照らされて}と言う文章がありました

 大連での夕陽も赤く綺麗でしたが、
  大連から奉天に向う列車の車窓から見た赤い夕陽は燃えるような大きな夕陽が大平原の地平線に沈む光景  が思い浮びます

 zyunさんも思い出されましたか?

                                    釜田

 

Re: 満州の紅い陽

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 4月26日(日)20時38分18秒
返信・引用
  > No.1818[元記事へ]

大連の子の子さんへのお返事です。

大連の子の子さんへ ようこそ! 霞会掲示板へ 誠にありがとうございます。

本当にお久しぶりですね。貴兄にはご健勝で益々ご活躍の様子が伺えご同慶の至りです。当方も歳相応ながら息災に過ごしておりますれば、どうぞ余事ながらご放念下さい。

> 私から発信出来る話題がありませんので、しばらく発信しておりませんでした。昨日、愛川様の遺作となってしまいました満州の紅い陽をキンケロ・シアターにて拝見させて頂きました・・・

そんなに杓子定規に考えることなく、先ずは近況をお知らせ頂けるだけでも嬉しい極みですょ。ところで、相川欽也さんは「満州っ子」ではなかつたように想いましたが?「満州の紅い陽」是非観たいところですが、九州での上映は到底無理でしようね。後刻DVDを期待することとしましょうか?
 さて、舞台となつた満州映画協会の二代目理事長甘粕正彦氏の別荘が、旧大連市の星ケ浦公園に至る道筋に瀟洒な佇まいで残っていましたね。懐旧一入で~す。

それでは復のお越しをお待ちしています。謝々! From zyun
 

満州の紅い陽

 投稿者:大連の子の子  投稿日:2015年 4月23日(木)00時23分40秒
返信・引用
  zyun様

こんばんは。ご無沙汰しております。
大連の子の子です。

私から発信出来る話題がありませんのでしばらく発信しておりませんでした。
昨日、愛川様の遺作となってしまいました
満州の紅い陽をキンケロ・シアターにて
拝見させて頂きました。

まだ見られていない方も多いでしょうから多くは語りませんが、
映画のシーンの中で特急あじあ号、大連駅が出てきます。

上映期間も短く今週末までです。
遠方ですので見るのは難しいかも知れませんが、
参考までに発信させて頂きました。

http://kinkin.tv/movie/
 

満州の紅い陽

 投稿者:大連の子の子  投稿日:2015年 4月23日(木)00時08分23秒
返信・引用
  http://kinkin.tv/movie/  

Re: 87年大連 老虎灘の記念品

 投稿者:釜田  投稿日:2015年 3月14日(土)13時49分29秒
返信・引用
  > No.1815[元記事へ]

zyunさんへのお返事です。

>2015/5/31迄アクセス可能な経過期間を設けることとなった。と云う訳ですから当分従来どおり利用出来ますので、どうぞご利用ください。

利用期が延長になり有難いです

ご苦労が残り大変と思いますが継続をお願いいたします 老虎灘一方亭の写真いつ見ても昔が思いだされる
懐かしい風景ですね
                                             釜田
 

Re: 87年大連 老虎灘の記念品

 投稿者:zyun  投稿日:2015年 3月10日(火)20時23分44秒
返信・引用 編集済
  > No.1814[元記事へ]

釜田さんへのお返事です。

釜田さん ようこそ!こんばんわ。ご来訪誠に有難うございます。

>お変わりありませんか、発信できそうなので送信をして見ます・・・

何かとご迷惑をおかけしています。Page ONのデータ引っ越し作業は、曲りなりに終えることが出来たと思っているのですが老生には自信はありません。ところで、旧サーバーである PageON が、未だ多くの顧客がコンテンツの移行を終えていない状況にあるため、2015/5/31迄アクセス可能な経過期間を設けることとなった次第です。と云う訳ですから当分従来どおり利用出来ますので、どうぞご利用ください。

>87年訪れたとき桃源台あたりの刺繍工場で求めたものです。生地は絹地で老虎灘から静が浦の景色を刺繍したもので、当時としては高く日本円で3000円位したと想います・・・

往時、老虎灘の代表的な景勝地一方亭?辺りを刺繍したものでしようか?今では、貴重で素敵な記念品となったことでしょうね。

それでは又。再見!! From zyun

http://8322.teacup/com/zyun/bbs

 

レンタル掲示板
/97